« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

満月と桜とスイーツ(たまには写真入り!)

昨日はセミナーに行った帰りに九段下のお堀に寄って、まだ少し早いお花見と、今月二度目の満月を楽しんで来ました。

Tuki_2

帰ってから、日曜日からうちに泊まりに来ていた友人から、お土産にロールケーキを頂きました♪

Cake

以前、彼女の一緒に参加した異業種交流会で知り合った広尾の貸し切りレストランさんの自家製ロールケーキです。生地がしっかりだけどふわふわ、フルーツたっぷり(≧∇≦)

http://www.binc.co.jp/bcafe/

ご家族の経営で、皆さんそろいも揃ってB型。それでB.cafeというお名前なんだそうです。

1日1組だそうなので、一人で静かに、二人でロマンチックに、家族水入らずで、大勢でにぎやかに、など融通を聞いてくれるお店です。

どなたか誘ってください(笑)

ということで、二晩続けて夜中にケーキを食べた私達。 肉になる前に調整しなきゃね(笑)

2010年3月23日 (火)

おかげさまで100件目!

08年10月29日にブログを始めて以来、なんとこの記事で100件目になりました!

毎日ブログを更新しておられる方には、なんと遅いことかと思われてしまいますが、コメントをつけて頂いたり、商談や何かの折に「ブログ楽しみにしていますよ」と声をかけて頂くと、駄文ながらも更新しちゃおう♪、なんて思って続けてまいりました。

ある時期から、ふっと文体が変わったのにお気づきの方もおられると思いますが、以前はやはり会社のブログとして書いていることで気負っておりましたが、なんだかそれが外れた瞬間があり、気まぐれな私らしく様々な文体で、その時の自分のゴキゲン具合や、シリアス具合によってそのままで表現することにしました。

読みにくいと思われることもあるかもしれませんが、そのままの私なのでお許しください。

実は、今日3月23日は、父が亡くなって15年の命日です。

風邪で寝込んだこともないような健康な父でしたが、中咽頭癌で、初期で見つかったのに3回の大手術をしたにもかかわらず、闘病生活1年8ヶ月で、あっという間に55歳の人生を終えてしまいました。

太陽のようにいつもニコニコして、お祭りやレジャー大好きな気前の良い父でした。組合の名簿の写真も、皆さんスーツ姿なのに、うちの父だけ海の写真なので上半身裸の水着姿ですよ!その代わり作り笑いじゃなくて満面の笑顔ですが(笑)。 

そんな良い父でしたが、実は恥ずかしいことに、私は中学生から30代半ばまでずっと反抗期でした。まさかこの私が会社を継ぐなんて思ってもいなかったのもあり、父の哲学を聞くどころかまともに話すこともなく、父はいなくなってしまいました。

父があと半年という時、手術での延命治療をせず、最期まで食べたり飲んだり話したりできる時間を選び、千葉の自宅で一人母と私の帰りを待っていました。

母が父の看病で会社に来ないときには、私一人、車で帰るのですが、片道64kmの道のりは長く、色々と考えてしまう時間がたっぷりありまして、特に首都高湾岸線を抜けると、道が寂しくなるんですねぇ。真っ暗な高速道路をポツンと走っていると、これからの不安で押しつぶされそうになり、いつも家に入る直前まで泣きじゃくりながら運転して帰っていました。

近所のホスピスの協力もあり、毎日栄養剤と痛み止めを届けて頂いたので、自宅で父を看取りました。

(といいつつ、最期の瞬間にうっかりお手洗いに行ってしまい、間に合わなかったんですけどね)

モルヒネで夢と現を行き来する父と家族との会話は平和と愛と大爆笑に満ちていて、たぶん皆さんが想像もしないような幸せな日々でした。

次姉は父の介護の為に介護の学校に行き始め、手際よいシーツ交換や寝巻きの交換技術を身につけ、いまや「地元で知らない人はいないケアマネ(自称)」になり、それまで経理をしていた母が会社の代表になりました。

父が亡くなった後は、私とたった二人でイギリスに出展しに行ったり、施設や病院を訪問したり、怖いもの知らずで大きな会社さんに商談に行ってあっさり契約を頂いたり、朝も夜もなく仕事の話をしたりしていました。

それまで父や私たち子どものために尽くして来た母が、会社を背負うことになり、商品作りをする中で、とても生き生きと張り切っているのを見て、とてもたくましく、そして輝いているようでした。周りの方のご協力もあり、父の亡き後お得意先様も仕入先様も、社員も皆協力をしてくださり、なんとか16年が過ぎました。

父とは全然違うタイプの経営者の母であり、しょっちゅう私とも意見がぶつかっている様子にきっと近くにいる皆はヒヤヒヤしていたのだと思いますが、互いに足りないところを補い合い、本当に良い勉強を傍でさせてもらいました。

そんな私にはこれから一体何ができるのかまったく未知数ではありますが、私なりの理想を胸に、社会のお役に立ちつつ、自分も楽しんで仕事をしていけたらいいな、と思っております。

最愛の父と母へ、愛をこめて

手帳

今年の手帳、すっごく吟味して買ったつもりなんですが、どうもやっぱり使い勝手が良くないんですよね。

去年までは化粧品のおまけでもらっていたのを使っていたのですが、でかけることが多くなり、書ききれなくなってしまったので、今年は時間単位で書き込めるものにしました。

スケジュール管理自体は問題ないんですが、TO DOリストや課題が、すぐどこかに消えてしまうので、やろうと思っていたことを忘れてしまい、どんどん時間が過ぎていってしまいます。

しょっちゅう名案を書き込んでいるつもりなのになぁ(笑)

4月から手帳を切り替えようかと思って、昨日近所の文房具屋さんに見に行きました。

パラパラめくってみても、ピタッと来る内容の手帳がないので、システム手帳にしようかと、あーでもない、こーでもないとリフィル売り場で選んでいましたが、ほしいものを集めてみると、5~6種類も買うとなると手帳がかなり分厚くなる・・・・。

これを持ち歩くの!?

重くない?

と、散々迷った挙句、何も買わずにとりあえず自宅へ。

そうよ、私にはiPhoneがあるではないの!

ということで、昨晩はシコシコとアプリをダウンロード。

無料のものもあれば有料のものもありますが、とりあえず使ってみよう。

ビジネス以外でも年齢早見アプリとか、時刻差計算とか、単位変換のアプリとか。

今までインターネットに繋いで変換したり手帳を見たりしていたようなのもダウンロードできたので、ちょっとHappy!

これでちょっとはiPhoneを有効に活用できるかな。

やっぱりタッチペンが欲しいところです。

2010年3月17日 (水)

skype

先日すごく久しぶりにskypeを繋げました。

自宅のPCで試したときはあまりのスペックの悪さに、ちっとも動作してくれませんでしたので、オペレーターみたいなカッコいいヘッドセットは、PCの横に寂しげにぶら下がっていたのですが、本社のミーティングに工場も参加してくれたら、色々とスムーズに行くなぁ、と思い遅ればせながら先日から導入いたしました。

インターネットで300万画素とか500万画素のWEBカメラを物色していたのに、なかなか決まらなくて、結局隣駅の某大型電気屋さんに電話してみると、「XPでしたら30万画素じゃないと動きませんよ」ということで、600円のカメラを購入。

意外にちゃんと映るものなんですねー!

普段顔を合わせない東京チームと三重チームでご挨拶したりして、ちょっと盛り上がりました(笑)

平和な会社です。

skypeをインストールして2日くらいして、いきなりskypeから英語のメッセージ。

歯ブラシ殺菌器の売り込みでした。

英語だから勝手にアメリカからかと思っていたら、中国のエンジニアの方からでした。

最初はそっけなく応対していたんですが、なんかやりとりしていたら、日本の桜の話で盛り上がってしまい、結局お友達になりました(笑)

縁って面白いですね。

ということで、歯ブラシ殺菌器を大量購入!をお考えの方いらしたら、ぜひお声掛けくださいませ。

2010年3月 6日 (土)

プラズマクラスター

プラズマクラスター
うちにも空気清浄器が欲しいな、と思うこの季節。

昨年の今頃、目の痒みに耐えられずに駆け込んだ眼科医で、空気清浄器があるとこんなに楽なのかと、威力を知りました。
(もっと早い時期に来なさい!と、毎年怒られています。)

また家電が増えるなぁ、でも欲しいなぁ、と思ってたら友人の口からプラズマクラスターの名前が出た。はじめは必要だよね、あったら良いよねって感じで話を聞いていたけど、 何回もその名前を連呼されてようやく気づきました。

それ、うちにあるんじゃない!?って。

ガス暖房器に付いてましたぁ(≧∇≦)

数年間この宝物に気づきませんでしたわ(笑)
というより、作動すると冷風が出て寒いではないか、くらいにしか考えてませんでした。

というわけで、昨晩中晩つけてたら今朝の空気はかなりクリーンになっていました♪

人生、日々発見ですわ(-^〇^-)

財務セミナー

餃子が先になってしまいましたが、二条先生の財務セミナーはすごい人数でした。

そして内容はとても良かったです!
経理の知識がなくて決算書や試算表が読めない経営者の方も多いようで、簡単な仕訳の仕組みと、仕訳伝票が試算表にどう反映されるかを教えて頂きました。


数字の苦手な私は何回もこの手のセミナーに出ていますが、今の自分のステージもあり、すごく良い勉強になりました。

数字は苦手ですが、「数字は慣れですよ」という皆様の言葉を信じて、2010年は財務の勉強年に制定したわけです。

昨年末から3冊くらい本を読んでようやくおぼろ気に見えてきましたが、まだわかった気にもなれていないので、もうちょっと勉強しないといけません。

でも、分からなかった仕組みが分かってくるのって楽しいですね!

2010年3月 5日 (金)

餃子食べ放題

餃子食べ放題
時々餃子食べたくなりませんか?

私はしょっちゅうです。
大森駅前に餃子屋さんがあるので、横目で見ながら自転車で通り過ぎます。

しかし、昨日蒲田でセミナーに参加した後、以前から気になっていた「餃子食べ放題」の店にはやっぱり足が止まってしまいます。

そう、実は蒲田は羽根餃子の町。
隣町だけど、残念ながら未体験。

居酒屋でも回転寿司でもラーメン屋でも一人で入るくせに、女性一人で入るのはいかがなものか、などと私らしくない葛藤に打ち克ち、おとなしく家に。

ということで、今夜はたまらず我が家で一人餃子食べ放題(笑)

ニラを忘れちゃったのでちょっと物足りないけど、今日は生まれて初めて上手く焼けたので、満足です(*^o^*)

餃子を焼くこと苦節15年、いつも焦げたりバラけたりして、炒めものと化していましたの(泣)
友達がたまらず代わって焼いてくれてたのを見ながらようやくコツがわかってきて、本日無事になかなかの焼き目のついたモチモチ餃子が焼けました♪

2010年3月 3日 (水)

うまうまオリーブオイル

うまうまオリーブオイル
なにを隠そう、私はオリーブオイルが大好き!

って、以前も書いた気がしますが(笑)

何しろオリーブオイルの消費が激しいので、安くて美味しい有機オリーブオイルを日常的に探しておりまして、輸入食品店で必ずチェックしているわけです。

食べるものが無くても、焼きたてパンをハーブソルトを入れたオリーブオイルに付けながら食すのはたまらなく幸せ〜♪

うん、こりゃ痩せないですね(笑)

高いオリーブオイルの味は知りたくないので、敢えて出会わないようにしていますが、その中でもやはりジューシーなオイルを求めるわけです。

で、最近のお気に入りはこれ(*^o^*)

カルディで買ったカルボネール!
辛味がなくて香りも良いのです。

ちなみにこのハーブソルトのシリーズもお気に入り♪
バラやラベンダーなど香りを嗅ぐだけで幸せなモノが入っております。

ぜひあなたのワインのお供に(笑)

ロシアの経営者さんがやってきた!

先週月曜日、そう、22年2月22日のことです。(古いニュースですみません)

わが社に12人ものロシア人の方がお見えになりました!

そのうち2人は通訳などスタッフの方で、10人の方はロシアの経営者の方でした。

何をしに来られたかと言いますと、なんと会社訪問です。

そのまんまですね(笑)

ロシアは世界規模の大会社と、2~3人の零細企業の両極端なんだそうで、零細企業中小企業に対する国の支援などがほとんどないんだそうです。

なので、経営者の皆さんは独自というか手探りで経営をなさっておられるんだとか。

しかも日本のように指南書のようなビジネス本も翻訳されておらず(ビジネス本の翻訳はビジネスチャンスかも!?)、ほとんどないんだそうです。ということで、日露の架け橋となる会社さんが、セミナーをしたり、日本の中小企業を訪問して、経営に関することを勉強する機会を作っておられるのだそうです。

で、なぜわが社????

ありがたいことに、昨年11月に出た東京都振興公社さん発行の「アーガス21」で弊社が紹介されていたので、ご興味を持ってくださったようです。

事前に会社概要や、予想される質問内容への回答をお渡ししておいたので、ロシア語に訳したものを配ってくださったりと、スムーズに進行していったと思います。

それにしても!!!ロシアの方は頭の回転が速いのでしょうか。

とにかく質問がすごい。

経営のこと、マーケティングのこと、在庫のこと、製造、品質管理、デザイン、女性経営者であること、などなど、業種は皆さん違うのに、とにかく色んな角度から質問質問質問質問。

キリがありません。

Russia

弊社は小さいながらもドイツ、イギリス、アメリカ、台湾とちょこちょこと顔を出してはおりまして、去年もロシア企業とのご縁もあったにはありましたが、いやー、ちょっとカルチャーショックでした。

半分くらいは女性の方でしたし、皆さんフレンドリー!そしてまだ20代30代の方が大半だったので、小さいこどもさんを持っておられる方は、リング歯ブラシをお土産に買ってくださいました。(ぜひロシアで売ってくださいねーーーーー!)

全体に体の大きなロシア人の皆様、ラッシュアワーに当たって2~3人ずつしか電車に乗れなかったので遅れました、とおっしゃっておられましたが、弊社からの帰り道の後姿はなかなか壮観でした。

弊社も自社を見直すとても良い機会になりました。

ぜひまたいらしてください♪

2010年3月 2日 (火)

男と女の違い

私の周りには男性が多くて、趣味のバイクも、仕事関係も、行く先々で男性の中に女性ひとり、ということが珍しくないので、女性の多い会合だと却ってびっくりすることもあります。

そんなわけで、男性との接し方について、機会があると勉強することもあります。

といっても専門的なことではなくて、女性はストレス解消が男性より上手だとか、そんなコネタですが。

日々自転車通勤をしていて思うのは、交通にはやっぱり男性の方が向いてる、ってこと。

カップルの後ろを走っていると、気配を察して道を開けてくれるのは80%以上は男性。

女性はやっぱりおしゃべりに夢中になっていて気づかないですね。

そういう私も男性と歩いている時は、交通安全を男性に委ねている自分にふと気づきます。

1年くらい前にNHKで見た特集は実に興味深い内容でした。

時々人様に話すと、結構思い当たるようなので、書いておきますね。

シチュエーションはビジネスのクロージングの時。

男性に「うん、決めよう」と言わせるには。

1.上司を連れて行く。(上司を連れて行くことで、男性の自己重要感が満たされるらしい)

2.いくつかの提案ではなく、ヒアリングの結果、最適な内容を提案する。

一方、プロセスを大切にする女性には1はあまり効果はありません。

いきなり上司の方がお見えになってくださっても、「???」って感じで、今までと同様に担当者の方とのやりとりを大切にします。

そして、提案が1つだととても不安です。

「え?それしかないの?ほかに選択肢はないの?」って感じです。

女性は自分で選びたいんだそうです。

それが担当者の方のお勧めだとしても「自分で決める」ことが自己重要感に繋がるようです。

私の場合はどうかって?それはもちろん女性ですから、思い切り女性パターンに当てはまります。

最近は女性バイヤーも増えましたから、もし、そういえばそうだったかも、と思われる方はぜひご活用ください。

私の周りの女性も同様のようですから。

そして、女性の皆様。男性に話を聞いてほしいときには、今日は話したいことが3つある、などと結論や要点から先に言うと、男性は聞く覚悟ができるようなので、最後までちゃんと聞いてくれるかもしれません。

男性と女性の違い、面白いですね。

2010年3月 1日 (月)

コミュニケーション

先日、東京商工会議所のセミナーで二条彪先生の講演を聴いてまいりました。

http://www.top-management.jp/aboutus/keireki.html

毎年大田支部で講演をなさっているようですが、私は今回初参加です。

二条先生にはかれこれ10年弱お世話になっていて、大好きな先生のお一人なので、今回は会社から近い、無料、夜のセミナー、3回連続という、理想的なパターンです(笑)

先生は一度お父様から受け継いだ会社を倒産させたことがあり、その経験から教訓を伝えたいという中小企業の二代目後継者の強い味方です。

その当時の先生に足りなかったもの、身につけておかないといけないスキルが今回の3回シリーズです。

それは、

コミュニケーション

財務

マーケティング

だそうです。

で、先週が第一回目のコミュニケーションでした。

コミュニケーションって、相手あってのことではありますが、実はその前に大切なのが、「自分とのコミュニケーション」なんだそうです。

相手に対して許せない、腹が立つ、という感情は実は自分自身に対しての感情を相手に重ね合わせてしまっているので、怒りの感情の激しい人は、自分に対しての怒りをまずは無くすことなんだそうです。

実は、私も去年はそれで苦しみました、いや、大切な方を傷つけてしまいました。

ずっと気にしていた体のコンプレックスがあって、それを誰かに指摘されるたびにいじけたり怒ったり、聞こえない振りをしたり、誤魔化してきましたが、とうとう爆発してしまい、相手の方に怒りをぶちまけてしまいました。

相手の方は私がそんなに気にしているなんて思ってもいなかったし、傷つけるつもりなんて毛頭なかったので、相当慌てて、一生懸命にフォローしてくれるのですが、私は取り付く島も無く、拒絶をしてしまいました。

3日くらいしても落ち込んでいた私は、ある店で見かけたマッサージの本の見出しに書いてあった「自分を受け入れる」という一文で、ようやく気づきました。

私が気にしていたコンプレックスは、ほかでもない、私が受け入れていなかったんだ、って。

指摘されたことは、私を否定したり、拒絶することとは同じではなかった。

私を愛してなかったのは、ほかならぬ私自身だったんだ、と初めて気づきました。

自分が好きな部分も嫌いな部分も全部OKなんだ!って、自分が一番の自分の味方にならないと、幸せにはならない。ましてや、他人さんが私の嫌いな部分をOKだって言ってくれてるのに、なぜ自分がOKだと思えないのか。

人様を見てると、「いいじゃん、それで」って思えるのに、自分には厳しくしちゃうんですよねえ。

最近、勉強をすればするほど、人様は自分の鏡なのだと実感します。

辛い思いをした時に鏡なのだと受け入れるのはなかなか重いものではありますが、一度受けれいれてしまうと、嫌われ役を引き受けてまで気づかせて下さったことへの感謝の気持ちでいっぱいになります。

それは、もちろん悪いことばかりではなくて、愛をもらった時には感謝の思いとともに自分を褒めることも多くなりましたが、以前はそんなことに気づかないことの方が多かったと思います。

そんなこんなで、先生のお話はご自身の反省もこめた色んなエピソードと、いろんなタイプのプロファイリングで、すごく勉強になりました。

次は財務です。内容もさることながら、ざっくばらんでニュートラルな先生のお人柄もとても素敵なので、まだ先生をご存じない方はどうぞいらしてください。まだ間に合うようです。

http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-23746.html

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ