« コミュニケーション | トップページ | ロシアの経営者さんがやってきた! »

2010年3月 2日 (火)

男と女の違い

私の周りには男性が多くて、趣味のバイクも、仕事関係も、行く先々で男性の中に女性ひとり、ということが珍しくないので、女性の多い会合だと却ってびっくりすることもあります。

そんなわけで、男性との接し方について、機会があると勉強することもあります。

といっても専門的なことではなくて、女性はストレス解消が男性より上手だとか、そんなコネタですが。

日々自転車通勤をしていて思うのは、交通にはやっぱり男性の方が向いてる、ってこと。

カップルの後ろを走っていると、気配を察して道を開けてくれるのは80%以上は男性。

女性はやっぱりおしゃべりに夢中になっていて気づかないですね。

そういう私も男性と歩いている時は、交通安全を男性に委ねている自分にふと気づきます。

1年くらい前にNHKで見た特集は実に興味深い内容でした。

時々人様に話すと、結構思い当たるようなので、書いておきますね。

シチュエーションはビジネスのクロージングの時。

男性に「うん、決めよう」と言わせるには。

1.上司を連れて行く。(上司を連れて行くことで、男性の自己重要感が満たされるらしい)

2.いくつかの提案ではなく、ヒアリングの結果、最適な内容を提案する。

一方、プロセスを大切にする女性には1はあまり効果はありません。

いきなり上司の方がお見えになってくださっても、「???」って感じで、今までと同様に担当者の方とのやりとりを大切にします。

そして、提案が1つだととても不安です。

「え?それしかないの?ほかに選択肢はないの?」って感じです。

女性は自分で選びたいんだそうです。

それが担当者の方のお勧めだとしても「自分で決める」ことが自己重要感に繋がるようです。

私の場合はどうかって?それはもちろん女性ですから、思い切り女性パターンに当てはまります。

最近は女性バイヤーも増えましたから、もし、そういえばそうだったかも、と思われる方はぜひご活用ください。

私の周りの女性も同様のようですから。

そして、女性の皆様。男性に話を聞いてほしいときには、今日は話したいことが3つある、などと結論や要点から先に言うと、男性は聞く覚悟ができるようなので、最後までちゃんと聞いてくれるかもしれません。

男性と女性の違い、面白いですね。

« コミュニケーション | トップページ | ロシアの経営者さんがやってきた! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

 此れ又、奥が深い話ですね~。男と女、ホント、基本二通りしかないのに、違いは多々なり。心底判り合う為には、擦り合わせなければならない先天的な特徴も‘永遠なる課題’でしょうか?
 チャリ通、イイっすね。今の私は休日に近所をブラつく程度ですが、昔はかなりの思い入れがありましたね!フラッシャーが付いたモノ、20段変速、ドロップハンドル・・・ホント、メーカーさんは当時の純粋なる少年をワクワクさせてくれましたよ。
 酔っぱらってコケて顔面を怪我してからは、チャリの酒気帯び運転もしなくなって、密かに自分を褒めてます。
 な訳で、又楽しくイキましょう!

しっかし、色々と体験なさってますねー。
私も通勤途中に自転車で2度くらい派手に転んでいますが、かろうじて顔面のダメージは避けられていまして、転ぶときは大体右ひざが被害に遭い、毎度直径7cmくらいのアザができます。

私は飲むとすぐ顔が赤くなるので、自転車で交番の前を走るときには結構緊張しちゃったりしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コミュニケーション | トップページ | ロシアの経営者さんがやってきた! »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ