« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

外湯巡り

この週末、久しぶりのツーリングの予定が台風で中止になってしまい、車で行くことになりました。

場所は長野の渋温泉。
台風の影響もなく、夜に少し雨が降った位でした。

草津温泉みたいに外湯巡りが出来るのが楽しい。
浴衣で、温泉街共通の下駄を履いて、カランコロンと言わせながら、射的を楽しんだり、足湯に浸かったり、ブラブラしながら日本の温泉文化を堪能して来ました。

ここには、千と千尋の神隠しのモデルになったと言われる湯屋もあり、とっても雰囲気の良い温泉街。

外湯はオートロックになっていて、宿泊客に貸し出される合鍵を持ち歩き、9つの外湯の鍵を開けて入ります。

源泉は50度なので、すぐにお湯に浸かれるか、水で湯温を下げないと浸かれないかは運次第。空いてて欲しいけど、空いてる時間はお湯が熱くてはいれない。
浴槽が大きいからすぐにはぬるくなってくれないの。

面白いことに9つとも同じ泉質ではないので、それぞれの違いが楽しめます。残念無念ながら全部は入って来られなかったので、またいつか行きたいです。

近くの地獄谷温泉では、お猿さん達が温泉に浸かっている姿が間近で見られます。
ここのお猿さんは大人しいけれど、温泉街に出没するお猿さんはお店の食品を取ってしまったりするらしく、お店は猿除け対策をしていました。

ワイナリーや造り酒屋に行ったり盛り沢山な週末で、すっかりリフレッシュ!

横川の釜飯と釜飯アイス
3D2FDF04-CA04-4545-9616-6CB4C80AFDD95EC11DEC-998B-47B5-91E5-9D00BD49C7DB

廃線跡のレトロな雰囲気の眼鏡橋

94D3A8B8-D022-4833-BD1F-96B05F9291AF

地獄谷温泉の紅葉
8588C330-9798-4A96-A09B-41360D95AF27

湯煙の向こうにお猿さんが入浴中。

Saru2

子ザルは二等身で何をしてもかわいいです。

Saru

草津のおそば、「ろくもんせん」
おそばもおいしいけど、舞茸丼がお気に入りです。
C004EE5A-3052-4FDD-B336-B14110F8FBB5

オシャレな星野温泉でドルチェピザ。

宿泊料は高いみたいですが、レストランは結構リーズナブル。

A69E3B79-3849-4ACD-AD80-A649AEFF0DF2

お宿の試供品でつい買ってしまった「ゆのか」

ダマスクローズの香りと金箔と2000円というお値段に惹かれて買ってしまいました。

しっとりいい感じです。

Yunoka

同行の皆さん、色々お世話になりありがとうございました!

2010年10月29日 (金)

ブログについて思うこと

お陰様でブログの記事数も200を超えまして、大したことも書いていないのに、コメントを頂くことでなんとかコメント返しも遅くユルイ頻度ながらも続けて来ることができました。

感謝、感謝です。

ブログを書く目的も明確にしないまま「とりあえず続ける」ことを目標に書いてきました。

口腔ケアについて語る!でも良いんでしょうけれど、ネタ切れになったら!?とか思うとなかなか踏み切れなかったり。

そんな通称「むすめ」ではありますが、初めての商談でいきなり「ブログ読みました」って言われると、おすましせずに和やかに話すことができるのが、「むすめ」の良いところかな、と思っています。

しかし、きっと何かが違う。

そんな中、最近通っている武蔵小山創業支援センターでブログのセミナーが開催されるというではありませんか!行かねば、行かねば!

キャンセル待ちになったという女性のためのネットスキルアップ塾「彩塾」塾長である山口朋子(MOMO)先生(株式会社アップリンクス 代表取締役)のお話を伺ってまいりました。

http://up-links.jp/

数々のルールみたいなものもある中、私のブログにはもうちょっと良質な情報というのを書かなきゃいけないな、と反省したMOMO先生のセミナーでした。

早速先生の教えに従い、久しぶりにプロフィールを修正。

ほかのセミナーで、ツイッター、ブログ、ホームページ、名刺など共通の写真を使った方がいいということで、、このブログの写真も新しいのにしたつもりが、プロフィールも含めて古いままでした。

flair写真は今年の8月に撮ったものですからね!

数年前の写真じゃないですよ!paper

ちょっとレタッチ入ってますが、もともとメイク自体でオリジナルが大きくレタッチされちゃってますしね(笑)

鏡の中の自分がみるみる綺麗になっちゃってどうしようかと思いましたが、実物とのギャップもインパクトのひとつということで、名刺にも入れております。

それにしても、女性のコミュニケーション力ってすごいですね!!!

二時間のセミナー中、たった数分間グループワークをしただけで、セミナーの終了後に一瞬であんなに盛り上がる風景を、男性の方が見たらびっくりすると思います。

受講生同士でブログの悩みを話しつつ、盛り上がって閉会になりました。

このセンターのセミナーはどれも魅力的な内容だし、なんと言っても1000円だし、講師の方は素敵だし、19時からというのが便利。お隣になった受講生との出会いも最近の楽しみです。起業をお考えの方はぜひご参加ください。

http://www.musashikoyama-sc.jp/

このセミナーをきっかけに、これからちょっとずつ素敵なブログに成長させていけるといいなぁ、と思っております。

皆様のご意見もボチボチお聞かせくださいね。

では、台風に気を付けて素敵な週末をheart02

2010年10月23日 (土)

今日明日は船堀で日本障害者歯科学会です

秋晴れのとっても良い天気ですね!

昨年に引き続き障害者に特化した歯科の学会にいらした先生方に商品やサービスを紹介する業者展示コーナーに出展します。

この学会で人気なのは、照明開口器ホタルセット!

意識不良の方の口腔ケアをする時に口を閉じないようにする開口器にペンライトを差し込めるようにしてあります。

これ一本で開口しながら磨き残しまでバッチリ見えちゃいます。
私も家で口の中に違和感がある時は使っております(笑)

使ってくださってる先生が、

これ、意外と良く見えるんだよ~♪

とお連れの先生に紹介してくださってたのがやけにうれしかったです。

ペンライトだけだと光が分散しないんですが、ホタルを被せることで光が口内全体に当たって良く見えるデザインになっています。

使い始めるとすごく便利なので、在宅介護の方にお勧めです!

では、二日間よろしくお願いします。

2010年10月20日 (水)

自分を知るトランプカード

動いていないと不安になる性格のようで、夜な夜な徘徊している(?)私ですが、昨晩はまた武蔵小山のイベントにお邪魔してきました。

仕事しろー!っていう感じですが、一応創業支援センターさんのイベントということで、チョビちゃんと連れ立って参加しました。ちゃんと名刺交換だってしてきましたよ。

で、今回は「バッチリ自己理解できます!52枚のカードが導く、性格スタイリング術」というセミナー内容で、エンパワーメントカウンセラー甲木有紀先生が講師でした。

先生によると、性格を表現する日本語は4000語あるらしいです。

その中で52語を選んだトランプカードを使います。

自分にぴったりくる性格が書かれたカードを10枚選び、その中でも「長所」「短所」「どちらでもない」カードの3つに分け、さらにその性格をスート(ハート、ダイヤなど)で分類すると、自分の性格のグループが分かるというものです。

まあ、色んなところに顔を出して勉強しているので、自分の性格はわかってはいるのですが、ここのところテンションが下がり気味なのと、人間を知るのが面白いということもあり今回参加した訳ですが、チョビちゃんと私はよく似ていると常々思っていたのに、実際にはタイプが違ってびっくり。ほめ方もタイプによって違うので、「私のほめ方覚えておいてねー!」などとまた勝手なことをチョビちゃんに押し付ける私。

4人いた私のグループのうち、私以外の3人が自分の弱みに「優柔不断」と書かれたカードを選んでいた。私は、最終的にそのカードは選ばなかったのですが、4人の中で一番10枚のカードを選ぶのが遅かった私だけが「優柔不断」のカードを選ばなかった、と隣の方に鋭いところを突かれました。

すみません、全然自分のことわかってませんね、前言撤回。

それにしても、こういう性格診断って面白いものですが、今日一番面白かったのが講師の甲木有紀先生!

関西弁で自虐ネタを盛り込みつつ、あの明るさとトークが私のツボに入りまくりまして、ずっと先生の話に笑っておりました。

先生もさすがプロ、私の性格を見抜いておられるので、時々私に突っ込んできてくださって、私個人的に大ウケした2時間でした。受講生の一人に「先生とはいつからの知り合いですか?」と後で聞かれるほど、ついうち解けてしまいました。初対面ですって。

このカードで実感したのは、長所にも短所になりうる自分の性格。

10年前は自分の性格に×印ばかりつけていて、○をつけることがなかなかできなかったのですが、今回は長所として選んだ性格の方が多かったことに気づきました。

別に自画自賛しているわけではないのですが、どうせ生きていくなら自分と仲良くしていかなきゃ、人生は楽しめない。

ようやくそれができるようになったんだなぁ、と自分の成長に気づかせてもらった時間でした。

ところで、どうして私がそんなに勉強にしに行くのか、疑問に思われる方も多いと思います。私も自分でよくわかりません。

でも、私のグループの特徴として、「不安になる理由」は「刺激や変化が少ないとき」なんだそうです。やっぱりジッとしていられない性格なのと、これでも真面目なので遊びに行くより勉強に行きたいんでしょうね。

そんなわけで、勉強に行っているようで十分楽しんでいる私でした。

先生やスタッフの方はじめ、本日お会いできた受講生の皆様、またむさこに出没しますのでこれからもよろしくお願いいたします。

2010年10月19日 (火)

大学生の環境LABに参加して来ました!

10/17は大学生の皆さんと勉強をしてきました。
実は弊社に営業に来られた方が後日大学の後輩を紹介して下さり実現したものです。

私がこの勉強会の内容を簡単にまとめるのは申し訳ない感じですが、色んな大学の色んな学部の学生さんが集まり、環境問題を研究しようと言う会で、1~2回目までは環境問題の勉強とともに、いわば架空のアイデアを出していましたが、第三回目では実際に企業を交えて学生側からのアイデアが実現可能なものなのかなど、企業側の意見をその場で聞いてみたい、ということでした。

大企業さんでは環境問題に携わっていると言っても全体像の見える人を呼べなかったり、良い案が出ても実行の可能性が低かったり、というような理由でファインが条件に合ったようで、声をかけていただきました。

環境問題と一口に言っても、Co2削減、無農薬栽培、健康や心の問題など、多岐にわたります。一面では環境に良いと思われることも、ある一面では正反対だったりと、実際にはいろんな問題が複雑に絡み合っています。

また、企業の自己満足だったり、ユーザーに伝わっていなかったり、ユーザー側からのフィードバック(声や購入などの行動)がなかったり。

そんな「環境コミュニケーション」が今回の題材でした。

筑波大学コミュニケーションラボの杉浦正吾先生の講義にはすっかり私も聞き入ってしまいました。

講義の後は、ファインのエコ歯ブラシなどの紹介を20分ほどした後、2グループに分かれてファインのエコ歯ブラシをどうやって売ったらいいか、ディスカッション。理工学部、法学部、プロダクトデザインなど、様々な専攻で、初参加の学生さんもいる中、だんだんと意見が活発に出始めました。実際には、ファインのエコ歯ブラシである「竹の歯ブラシ」は、樹脂メーカーさんの関係でもう作れなくなってしまったので、今度作るとしたら、という前提でしたが。

Lab_2

当然ながら学生さん達の広報活動は大企業寄りなので、却下するのは心苦しかったのですが、実際のところTV CMなどお金のかかる広報活動は残念ながら現在は不採用です。

みたいな感じでしたが、現在のアルバイトと関連付けたアイデアなども出てきて、興味深かったです。

弊社は歯ブラシメーカーでしたが、色んな職種の企業さんの声を聴ければ、学生さん達も企業でのイメージが湧きやすくなるし、社会としてもなんだか色んなメリットがある気がします。

学生さん達の意見を聞いてみたいとか、学生さん達の勉強の為に参加OKだよ!という企業さんがおられましたら、まだこのLABは続きますのでぜひご参加ください。

私もそんなにネタがあるわけではありませんが、また勉強させていただきたいと思います。

2010年10月17日 (日)

着付け教室

わが社も10数年ぶりに8月下旬から完全週休2日制に戻しました。

この1ヶ月ほど土日はゆっくりしてきましたが、やはり一人だとゆっくりし過ぎてしまいますね。
これは数年後が怖いと思い、貧乏性が出て新しいことを始めることにしました。

まずは、ずっと習いたかった着付け教室に行くことに。

母が若い頃に着付けの練習をするため、すでに縦も横も大人の体格に近い私が練習台にされてたこともあり、なんだかんだと着物を着る機会も多く、いつしか浴衣以外も楽しみたいと思うようになりました。

浴衣は自分で着ますが、それ以外はお店で着せてもらうので、予約がいっぱいだったりすると、数少ない着物の機会もなくなってしまいます。いつかは自分で着たいと思いながら数年経ち、この土休を有意義に過ごすべく、ついに始めることにしました。

早速検索してみると、大森にもあるではないですか!
しかも第二回目が明日!?
二回目ならなんとか追い付けるかも知れない、と問い合わせて無事に受講してまいりました。

行ってみると、第二回どころか皆様10年継続とかのベテランばかり。

着られるようになっても、着方を忘れないようにしたり、着物を楽しむ日にしたり、女性同士の会話を楽しむ日にしたりなさっておられるようです。

昨日は帯の手前までで終わり。

少しだけ和の世界を楽しんで来ました。

2010年10月15日 (金)

skypeで商談

会社でPCを立ち上げている時はskypeがログイン状態になっているんですが、結構新しくコンタクトを要求されます。

それも中国人がほとんど。

日英両方の表記で歯ブラシメーカーのファインということをわかるようにしているので、ちゃんと歯ブラシ関連の会社がコンタクトを取ってきます。いまや中国人も英語がお上手ですね!英会話教室に通えていないけれど、この英語のやりとりがいまや私の英語メンテナンス。

短文でも即座に返信をしていると、英語で考える癖がちゃんと付きます。

それはともかく、あれとこれを輸入したいとか、うちの商品を買わないか、とか、本当に積極的でびっくりします。

メールと違って短文で回りくどい表現も要らないし、話の展開が早いんですよね。

ネイティブじゃない者同士の短文なので、相手がどのことに質問をしているのかをお互いに察しないといけないので、頭の回転が早くないと見くびられてしまうし、経験や知識がそれなりにないと、その説明を英語でしなくてはいけないのが大変。

でも、こうやってデスクにいながら海外の色んな会社さんと気軽に商談できるのは、すごく新鮮です。英語を社内で話そうと思うと結構勇気が要りますが、チャットだと電話よりも考える時間もあり、照れもないのが気楽です。

日本人も外国に向けてこういう強さを持たないといけないなぁ、とつくづく思います。

どう仕事に結びついていくかはわからないけれど、なにかと問題になっている中国人と日本人との関係ですが、やっぱり自分で体験してみたい気持ちが強いので、少しずつ私なりの関係性が築けるようになると嬉しいなぁ。

2010年10月14日 (木)

トークセンで身長アップ!?

昨日は、スタッフのチョピちゃんと一緒に品川区武蔵小山の「ヒーリングタイ 癒しタイ」に行ってきました。

先日テレビでTOKIOの城島君が施術してもらったのを見て、行ってみよう!と盛り上がったのでした。

木槌のようなもので、コンコンと全身を叩いていくのですが、とても気持ちが良いんです。

Menu3_img

(ヒーリングタイさんのHPより拝借しました)

どうも私は欧米人タイプで、「そこ、イタ気持ちいい!」だの「あ゛~~~!!痛い痛い!」だのをいちいち表現する上に、私の担当をしてくださった大槻幸代院長さんがこれまた明るい方で、二人でキャッキャ言いながら施術時間を過ごしました。

肩甲骨の辺りや鎖骨の辺り、腰周りが痛くて、あっという間の一時間でした。最後にオプションの温湿布も気持ちよかったです。関節が少し緩んだりして、身長が2cmくらい伸びた感じです。

一方、カーテンの向こうのチョビちゃんは典型的な(?)日本人型で痛くても黙って耐えるタイプ。施術担当の先生もおとなしい方だったらしく、ほとんど会話が聞こえてきませんでしたが、かなり気持ちよかったらしく、施術後のチョビちゃんはずいぶんスッキリした顔をしていました。そして、今朝出勤したチョビちゃんの目線が少し高くなった!と他のスタッフがびっくりしていました。

身長を伸ばしに行ったわけではないのですが、とにかく体が楽になりました!

どうしても自転車もPCも携帯も前かがみになってしまうので、鎖骨のあたりが詰まっていたみたい。とても体が軽く開放的な感じになりました。

やっぱり体のメンテナンスは大切です。最近体を労わっていない方はぜひどうぞ。

ヒーリングタイ

http://www.healing-thai.com/index.html

2010年10月13日 (水)

世界でひとつの印鑑ケース

なんども印鑑ネタですみません(^^ゞ

会社の印鑑を作ったのは良いんですが、印鑑屋さんで下さった鹿革の巾着袋がどうにも使いにくくて、なんとかしなくては、と印鑑屋さんでケースを探してみたのですが、黒い牛革の味気ないものしか置いてないんですね。

一度買ったらなかなか交換しないものだし、大切なものを入れるものだし、ということで、インターネットで検索してみると、色んな皮のケースがありました。

ワニ、トカゲ、シャーク、カメ、ゾウ、ヘビ、ウシ、シカ

ゴージャスな感じのするものとか、ちょっとグロい感じのものとか、色々悩んで運の良さそうな黄色い「風水ヘビ皮ケース」に決定!

店長さんの「ちょっとウロコがグロいですよ」というアドバイスでしたが、勇気を出してうちの印鑑のサイズと形でオーダーを出しました。

在庫がないので、手作りで作ってもらったものが、先週手元に届きました。

ヘビさんには申し訳ありませんが、心配していたウロコのグロさもやわらかい感触でグロさもなく、愛着の湧く手触りです。

「印鑑をつく時には、借り入れをする、お金を引き出す、契約をするなど、会社にとって不利な時ですから」

という、先生の教えがよぎりながらも少し印鑑を押すのが楽しみになってしまった私です(笑)

2010年10月 8日 (金)

屋久島サプライズツアー

8月で母が社長から会長職になり、ちょっと心と時間の余裕ができ、私たち娘から母に旅行をプレゼントすることにしました。

海外もいいよね、などと言いつつ、決めた先は屋久島。

ホテルは今年3月にオープンした「sankara hotel&spa 屋久島」さん。

http://www.sankarahotel-spa.com/

母にはどこに行くのかずっと内緒にしてあって、「飛行機かしら?電車かしら?飛行機だとしたら九州か北海道ね。」などと私たち娘にに鎌を掛けながら探りを入れてくるのですが、鹿児島空港では同じ出発時刻の飛行機が2便あり、出発ギリギリまで「屋久島かしら?もしかして違うかしら?」とドキドキしていたようです。

Yu

もちろんどのホテルに泊まるかも内緒。「サンカラさんだと良いなぁ」という母の言葉をスルーしつつ夕方になり、サンカラさんの看板を曲がるレンタカーの中で喜ぶ母。

実はこのホテルの客室には弊社の生分解性歯ブラシとナチュラル歯みがきが置かれています。ホテルに生分解性歯ブラシを置いてもらいたい、というのが10年来の母の夢でした。実際、とても安い海外製の歯ブラシセットではなくこの歯ブラシを置いてくださるホテルなんて、そうそうあるものではありません。

ささや かな夢かもしれませんが、熱心に生分解性の歯ブラシ作りにこの10数年間取り組んできた母の想いがようやく今年叶ったわけで、会社としてだけではなく、娘としても感謝でいっぱいです。

厚かましいと思いつつもコメントにこそっと前述のようないきさつを書かせて頂いたので、ホテルの入り口に到着すると、総支配人さんはじめ、歯ブラシの打ち合わせをしたスタッフの方との再会を果たしつつ、歓待していただいたのでした。

Pool

歯ブラシだけではなく至るところに環境に負荷をかけないもの、人に優しいものを採用なさっています。その徹底ぶりには本当に頭が下がります。

Sankara_2 白い箱の手前の茶色い袋に歯ブラシが!

備品だけではなく、サービスもホスピタリティもすごいんですよ~!

Bar

24時間オープンの無人バーにはあの「森伊蔵」も置いてあったりするのですが、自由に飲んで良いんです。でも人って不思議ですね。自由にどうぞ、って言われるとここで品格が問われるもの。味見をする程度で誰も酔うほど飲んでいる客はいません。ま、ホテルですしね。

サンカラさんに関してはとにかく驚きのサービス満載で、書き始めたらキリがありません。

ちょっと値段は張りますが、泊まってみる価値は十分にあります。

女性4人、あまりに心地よくて全然観光に行きたがりません(笑)

でもそうはいかないので、午後からようやく観光へ繰り出してきました。

ちゃんとした登山はできないけれど、少し歩けば見られる屋久杉は見に行こう!ということで、必ずどこかで雨が降っているといわれるくらい雨の多い屋久島で、3日とも晴れ間を縫って一度も雨に遭わずに楽しんでまいりました。

Nidaisugi

切り株に落ちた種子から発芽して二段重ねの「二代杉」。生命力がすごいです。

Mononoke_2

もののけの森もちょっとだけお邪魔してきました。

Kodama

姉の顔の前にちゃんとコダマちゃんも写真に写りました。

レストランでは、結構私と次姉とであとちょっとワインが欲しくて、「1杯を半分こしてくださいhappy01wine」という恥ずかしいオーダーにも、まじめな顔で低い声で「半分こですね。かしこまりました。」と、ちょっと多目の半分こで、嬉し恥ずかしのサービスでした(笑)

夜は満天の星空を2晩とも楽しみ、もう朝から晩まで大満足です。

サンカラの皆様、何から何までお世話になり、本当にありがとうございました!

おいしいパンbreadもすっかり完食ですheart01

Bread

また皆様にお会いできる日を楽しみに、そしてまたサンカラさんのリゾートを満喫できるように、しっかり働きます♪

日本福祉大学さんで講演をさせていただきました!

愛知県にある「日本福祉大学」さんから「就活ツアー」で「経営者の視点から働くことについて」の講演をさせていただく機会を頂きました。

Hukusi2

約1時間強のお時間を頂いたのですが、キャリアカウンセラーでもない私が伝えられることはなんだろう、と約二ヶ月近く悩みに悩み、色んな本を読んで考えを整理してみました。

二日前まで悩んで、結局のところ、私の失敗談から学んだ自分作りということを中心にお話しすることにしました。

介護の世界に限らず、どんな社会でも人は人と関わって生きていかなくてはならず、その中でどう自分を磨き、生かしていけば良いのか。

実は、会社で営業さんとお会いする機会も多いのですが、若い方には目を合わして話すことができない方も多いんです。自信がないのかな、と思うのですが、新人ゆえの自信のなさとはまたちょっと違う感じ。初々しさっていうより自分を奮い立たせて毎日生きている感じ。

特に介護の現場では利用者さんとの悲しい別れも幾度と無く経験しなくてはならないシビアな世界。ケアマネージャーをしている私の姉も若いころは利用者さんとのスタンスを探って悩んでいた時期があったような気がします。

ファインも介護用品を作ってはいますが、学生さん達に介護を語るほどの経験は私にはありません。なので、小耳に挟んだ情報を織り交ぜながら、私自身の経験をお話させて頂きました。

いっぱいお伝えしたいことがあり、盛りだくさんな内容を立て板に水のごとくお話ししたので、ポイントが絞りきれなかったかもしれませんが、テクニック的なことというよりも、皆さんの将来が希望でいっぱいになるような何かが1つでも伝われば嬉しいかな、と思いました。

そして、講演後の質疑応答でも学生さん達の真摯な思いが伝わる質問ばかりで、果たしてちゃんとお答えできたかはわかりませんが、現在の厳しい就職活動時期を乗り越えて、社会人として大きく活躍されますよう、期待しております。

講演翌日の国際福祉機器展で弊社のブースに学生さん達やスタッフの皆さんも顔を出してくださいましたが、数年後にはHCRの出展者同士としてお会いする日が来るかもしれませんね!wink

楽しみにしています!

「ホンダ・フラッグシップバイク開発物語」出版のお知らせ!

前回のブログから書きたいことがいっぱいでしたが、なかなか書く時間がなくて、すっかり空いてしまいました。

まずは趣味のバイクの嬉しいアナウンスをさせてください♪

私の乗っているHONDA CBR1100XXというオートバイや、ゴールドウィングなどを開発した開発者「山中勲」さんから、この度「ホンダ・フラッグシップバイク開発物語」が出版されたとの嬉しいお知らせが届きました~~~!!!happy02

Honda_3 ←クリックでアマゾンへ

しかも表紙はCBR1100XXではないですかぁheart01

私が2002年にアメリカ横断をしている時に、バイク誌での連載が始まったとのご連絡を頂いたエッセイでしたが、8年の時を経て本となったとのことです。

アメリカ横断中はハーレーとゴールドウィングばかりが目に付きました。

そして、山中さんの開発物語に出てくる砂漠を走ってきた私には、内容がリアルに目に浮かび、メカのことは疎い私ですが、ご苦労が伝わりました。

山中さんは一目お会いした瞬間にお人柄の良さが伝わるとてもとても素敵な方で、ある時CBR1100XXの開発に携わったHONDAさんのメカニックの方々にお会いする機会がありましたが、全員が異口同音に山中さんを絶賛しておられたのが印象的でした。

「BS11」10月17日(日)PM9:00~9:55 番組「大人のバイク時間」に出演なさるそうですので、ぜひHONDAさんに限らずバイク好きの方はご覧くださいね!

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ