« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月29日 (水)

吸引歯ブラシと照明開口器が「メードイン品川」事業の選定商品に決定!

モノづくりと言えばお隣の大田区がよくテレビに出てきますが、
品川区は、京浜工業地帯だけあって、モノづくりだってなかなかなんですよ!

サンリオさん、楽天さん、JALさん、ごま油のかどや製油さん、車のアンテナの原田工業さんなどなど
有名企業さんも多いけれど、中小企業もがんばっています。


品川区では、「メードイン品川PR事業」と銘打って、
そういう品川区の中小企業で生まれた製品や技術をPRしていく事業を、今年から始めました。


今年度は一次審査を通過した30社の中から4社選ばれたそうで、
その記念すべき初年度の4社に選んで頂きました!shine

Pr

わが社の選んで頂いた製品はコチラ!!デデ~ン♪ 

 ↓   ↓

「吸ty(キューティー) 吸引歯ブラシ」


1001_001c

この商品は、ヘッドに吸引チューブがセットされていて、その吸引チューブは吸引器に繋げます。
すると、磨きながら汚れを吸引器が吸ってくれるので、
むせやすい方の口腔ケアが簡単に短時間に、安全に行えるようになっています。

そして「照明開口器 ホタル」

中が空洞になっていて、ペンライトを挿入して使います。

Hotaru

こんな感じで使います。


Set_3

ホタルで開口して、開いた隙間から吸引歯ブラシを入れて、吸引器で汚れを吸い出します。

ホタルにはペンライトがついているので、在宅介護など、お口の中に光の届きにくい態勢でも、
口内を明るく照らし、磨き残しなどがよく見えます。


「反射的に指をかまれる」という事故も防げます。


私が下手なナレーションで説明している映像がありますので、ご参考になさってください。
http://www.youtube.com/watch?v=KIw2xKbPlFw

今後ますます介護や看護の分野で活躍できる私の大好きな商品が、
私が生まれ育った大好きな品川区に認められたことが、とても嬉しいです。

今後は、ケーブルテレビ品川、品川区のホームページ、しながわ産業ニュースでの露出、
展示会などでのPRブースなどなどでPRしてくださるとのことで、
営業人員の少ないわが社にとって、本当に本当にありがたいお話しです。

ほがらかで親しみやすくて、頼りがいのある濱野 健 品川区長様が直々にPRをしてくださるそうで、
実に頼もしいです。


これを機にもっともっと社会のお役に立てるようにがんばります。

応援、ご指導、そしてご愛顧よろしくお願いします♪

2012年8月28日 (火)

産業懇談会に出席してきました。

先週は、ある会合のお勉強会に参加させて頂きました。
あのライフネット生命の出口社長様のお話しを伺う機会がございました。


社長の仕事の95%は社員が楽しく働ける仕組みを作ること。
残りの5%は、社員では決められないことを決めること。

などなど、書ききれないほど含蓄のあるお言葉ばかりです。

生命保険が実はあまり好きじゃない私も、入るならココだわ!
と思うくらい本当にすてきな社長様で、お話しも上手で、とても勉強になりました。

出口 治明 社長様の著書はたくさん出ていますので、ぜひ一度お読みください。

実は、7月21日には私がスピーカーとなってお話しさせて頂く機会もあり、
その時も「私なりのリーダー」というのをお話しさせて頂きましたが、
「リーダーについて」ここの所立て続けに考える機会があります。

その時代、時代に合ったというか求められるリーダー像というのがあると思うのですが、
国際的な影響のみならず、社会的・文化的に複雑な要素が絡む世の中で、
リーダーがワンマンでやっていくというのは、とても難しいのだとつくづく思います。

いかに社長の思いをスタッフ達に伝え、共有し、皆の意見を吸い上げて、
仕組みを作っていくことができるか、これはデジタルだけではできないものです。


先日、ある数千人の会社さんの小売店の方が、
「店サイドと本部との調整をしたいのに、誰に相談して良いのかわからない」と
おっしゃっていました。


もちろんどの会社にも問題というか、課題があるものですし、私は別に相談を
受けたわけでもなく、受けたところでそんな大きな会社さんに提案などできませんが、
大企業というのは、少なからずこういう問題を抱えておられるのかな、と思いました。


珍しくこんな経営のことを書きましたね(^_^;)


実は、こういう話は講演会ではさせて頂くのですが、まだまだ文字にして語るには
2年という経営者のキャリアとしては短すぎるので、ここでは書かないようにしています。


そんな私ですが、昨日は品川区さんの主催する、「産業懇談会」なるものに出席させて頂きました。


私ごときで良いのかしら?と思いますが、出席する会社もバリエーションも必要ですしね!


ということで、わが社の現状として、足りない所、チャレンジしていること、
これから向き合わなくてはいけない問題、そして要望を、直接お伝えさせて頂くことができました。


品川区はもともと教育には先進的な取り組みをなさっておられるし、
産業に関しても助成金や、コンサル的なことも積極的に支援してくださるので、
なにか困りごとがあると、気軽に相談に乗って頂いています。


これからももちろん頼りにさせて頂きたく、色々と好き勝手なことを申し上げてきました。

すると、帰り際に出席された企業の代表の方々から「今日は面白い話をありがとうございました。」と、
声をかけて頂きました。


面白かった・・・???


確かに会場は、私の話の時には笑いに包まれていましたが、
それは内容が興味深かったのか、
はたまたトークが面白かったのか・・・。


最近、私のことを「面白い」と言ってくださる方が以前より多い気がするので、
理由を考えているのですが、
文章にすると大して面白いことは言ってないんですよね。


それを証拠に、「こんなことを言ったら大爆笑されたわーhappy02」という報告をしても、誰も笑ってくれません(泣)

それもそうかとも思いますが、どうも一見とっつきにくそうな私のルックスと、
コミカルな表情や仕草、口調や自虐ネタによるギャップが面白いのでしょうか。


うん、とにかくライブ感が大切なんですね!!

ということで、本日は「東京都立城南職業能力開発センター」様の企業見学会に、
なんと「委員」として出席させて頂きます!!!!
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/vsdc/jonan/kengakukai2012.pdf
ここでもなんとパネリストのように意見を申し上げる機会を頂けるようです。

ライブではありますが、笑いを取りに行くわけではないので、出席者の方、そういう期待なさらないでくださいね(^_^;)

また、9月6日にも経営者の勉強会でパネリストをさせて頂けます。


東京都、品川区、勉強会共にお世話になりっぱなしなので、
頂けるお役目をお引き受けすることくらいしか恩返しができませんが、
こうしてお話しをさせて頂けるって、本当にありがたくて贅沢なことです。


昨日までも感謝いっぱいですが、今日も感謝で溢れる一日になるよう、
精いっぱい務めさせて頂きたいと思います。


皆様も充実した一日になりますように。

2012年8月23日 (木)

TV取材を受けました!

先日、ありがたいことに、わが社を取材してくださいました。

Photo


あれ?これ誰??って思いませんでした??(^m^)

いつもと顔が違うでしょ。

髪をストレートにしっかり伸ばしてツヤツヤストレート!
美容師さんじゃないとここまでできないので、一日限りですけどね。

メイクも微妙にいつもと違います。

この映像見た人が私と会っても、たぶん分からないかも。
もちろん、このブログのプロフィールに使っている写真も実物と全然違います。

メイクと髪型で女性は変わりますね~!!

この日インタビューを受けたのは、私と会長と営業部長。

社内画像も製品画像も撮ってくださっていました。
出ても20秒くらいとのことなので、どのシーンが使われるのかドキドキです。

この写真はニコニコしていますが、ほとんどまじめな顔で話してしまったので、
他の写真は脅しているのかと思うくらい、全部恐ろしい顔で写っています(泣)

カメラが近くにあろうと、常に笑みをたたえて話せるようにならないといけませんね。

真面目な顔か爆笑か、まるで私の、0か100か、の私の人生のようです(^_^;)

この取材内容が採用になるかどうかは、来月初旬に分かるそうなので、その時にまたお知らせしますhappy01

ところで昨晩、小学生・中学生の地元の同級生達から飲み会のお誘いがありました。

30年ぶりくらいに会う友人もいたので、少しだけ顔を出してまた仕事に戻りました。


さすが地元だけあって、当日に声を掛けてもあっという間に10人くらい集まりました!!


同級生が働いてる大井町駅の「昭和歌謡曲バー SugarTown」に行ったら、そこにまた先輩がいたり。

11月にまた同窓会をするそうなので、楽しみです♪

2012年8月20日 (月)

スペイン・ポルトガルツーリング【グラナダ~マドリッド~帰国】

憧れのアンダルシア地方も終わり、とうとうマドリッドに帰ります。

この日の走行距離は450km。


ひたすら高速道路を走るのですが、前日の夜更かしで眠い眠い。

まずはコンスエグラに寄ります。
ドン・キ・ホーテが巨人と間違えて戦いを挑むという設定の風車があります。

「NIKOさん」のリクエストなので、もちろん、NIKOさんが先頭です。

Photo_10


2_4

この日もいいお天気で、青空がとてもきれい!
Photo_11

私たちが到着したときには誰もいなかったんですが、次々に観光バスが到着。
降りてくるのは見事に日本人観光客ばかり(笑)

「バイクなの?すごいわねー!」「どこから来たの?」「私たちは最終日よ」などと、
関西弁のオバチャン達(愛をもってこう呼ばせていただきます)とお話をしてサヨナラ。

ここにはカフェも大きなお土産店もお手洗いもないので、団体さんの長居はできません。

私たちは高台から100mほど降りたところにある小さな土産物店で、ハイテンションな店主と話したり、ビニールにすっかりほこりをかぶったTシャツを買ったり、風車の内部に入ったりして、のんびりしてから出発。

9_3

ここに着くまでには、胸ポケットにかけておいたサングラスもなくし、O先輩(被害者2号)からサングラスを貸してもらいます。

TruColorサングラスならフレームに磁石が落ちなかったんだけどなぁ。
皆さんに迷惑かけまくりです。
Sunglass

  ↑
被害者2号


昼食に立ち寄ったカフェでは、私のライディングブーツがいよいよ終末期を迎え、
よってぃに修理をしてもらいます。

181211_197477550377678_124282909_n


当たり前のように汚いブーツを差し出して、ほんとに申し訳ない(^_^;)
よってぃの奥様、申し訳ありません!

Photo_12
  ↑
被害者1号(笑)


マドリッドに着いて、バイクを返却。

出発前のメーターです。
Photo_13


    ↓


到着後のメーターです。2300kmほど走りました。

Photo_14

初日に泊まったホテルへ再びチェックイン。
早々になくしたカメラのレンズカバーがホテルの朝食会場にあるかと尋ねましたが、見つからず。

夜はレンタルバイク店に戻ってフェアウェルパーティです。

奥様が日本人なので、お寿司などの手作り料理。
私たちの喜びそうなメニューを考えて出してくれているのが伝わり、懐かしい日本料理にちょっとホロリ。

Dinner


Dinner2

素敵な夜を過ごして、翌朝に備えます。

昼のフライトまでは、ホテルの近所にあるショッピングセンターでお買い物。
増えてスーツケースには入りきらなくなった荷物を入れるバッグを買ったり、ちょっとしたお菓子を買ったり。

1

空港まで送ってくれたレンタルバイク店のレノさんに別れを告げて、経由空港のドバイへ。

Photo


ドバイでは約2時間のトランジット。
久しぶりのギネスビールで一息。

Dubai_beer


しかし、この写真が命取り・・・。

facebookに投稿しようと思ったのに、ネット回線が途切れ途切れでなかなか成功しない。

お手洗いに並んでいる間、あと少し!と思っていたら順番が来た。
iPhoneを手にしたままお手洗いに入ったらまたも回線が切れ、そのまま置き忘れて機内へ。

出発前に機内で気づくも、ドバイの空港は広く、空港から飛行機まではバスで15分。

往復30分は絶対無理。
スチュワーデスさんに話してデスクに調べてもらっても、見つからず。

結局、日本に帰ってドバイ空港のホームページから問い合わせて、2週間ほどしてようやく取り寄せることができました。


Iphone


エミレーツ航空の方(被害者3号?)には返却に際し、親身になってご協力いただき、本当に感謝しております。
また利用させて頂きます!

Emirates


iPhoneだけではなく、成田空港ではみんなのスーツケースを乗せたカートを押して税関を出たのは良いが、自分のスーツケースを置いて税関を出てきてしまい、また戻ったりと、情けない忘れ物満載ツアーとなってしまいました。

なくしたものの数だけ、得たギフトなのよ、とある方に教えてもらいましたが、実際はそれ以上のギフトで、ツアー前には自信をなくして落ち込んでいた私もメンバーの方もさることながら、快く送り出してくれた社員と、それ以外の皆さんの暖かさにすっかり癒された準備+ツアー11日間+iPhoneが戻るまでの約2ヶ月となりました。


2ヶ月経ってもどこかで余韻覚めやらぬ日々ではありますが、
またこんな体験ができるように、日々の仕事にまい進してまずは皆様に恩返しをしようと思います。

長いツアーレポにお付き合いいただき、ありがとうございました。

関わってくださったすべての方に感謝を込めて。

※被害者の会が結成されないことを祈って!

2012年8月19日 (日)

スペイン・ポルトガルツーリング【コルドバ~グラナダ】

朝から少しD~やんがおとなしい。
口数も少ないし、あのトースト2枚やヨーグルト2個、ジュースをガブガブの勢いもない。
「俺、朝はそんなに食べないし・・・」とかうつむいたままで、まるで別人のよう。
どうやら日本に帰るのが相当寂しいらしいです。
男の人はあまり自分のことは話さないけど、色々あるんだろうなぁ。

この日はアルハンブラ宮殿で有名なグラナダです。

マリア様で有名なグラナダかと思ったら、あれはマグダラのマリアでした(^_^;)
音が似てるけどね。

この日も走行距離は180kmと短く、あっという間に着いてしまい、チェックインには早すぎるのでカフェで少し時間つぶし。

素敵なカフェだったんですけど、なんとなく昔のアメリカドラマ「ツインピークス」の匂いがする少しミステリアスなお店で、ちょっとワクワク。

そう思ったのは私だけだったみたいですが。

1_2


グラナダへの道のりは、雄大な景色の連続!
3

横長に広がった雲はまるで雪山の連峰のようです。

Photo_5


グラナダに着いたら、アルハンブラ宮殿が待っています!


実はのツアー中、持って行った髪を結ぶシュシュも二つなくしたり、色んなものを落としましたが、ここではカメラケースが走行中に落下!
諦めたけど、NIKOさんがバイクを停めて走って取りに行ってくれて、ヨッシーもUターン!
もうありがたいやら、そそっかしくて申し訳ないやら。


ちょっと時間は早かったけどホテルにチェックイン。
ここも素敵な素敵なホテルです。一泊じゃ勿体ないくらい。

Hotel_2


ツアーの参加人数やコースによって毎回ホテルを選んでいるとのことで、どの町でもいいホテルを選んで頂き、よってぃに感謝です。

ランチはアルハンブラ宮殿に近いところまでタクシーで行ってから。

スペインと言えども、この辺りはイスラムの香りがぷんぷんするお店が多い。
なんとなく早く用意のできそうなお店に入ったんですが、結構おいしくてボリュームもあって、みんな大満足。

それにしても男性たちはコーラを頼むので、店のインテリアの赤もあいまって視界が赤一色。

Lunch

さて!このツアーの最後の観光スポットへいざ!

レストランから歩くこと10分?アルハンブラ宮殿入り口へ。


しかし、ここからが長い。坂道を歩いてようやく日本で言うと本堂の近くへ。
D~やんは暑さと不摂生で立ちくらみしていたらしいです。
飲みすぎ注意です!

アルハンブラ宮殿のチケットは予約で買えるそうですが、カード払いところで弾かれることがあるらしく、今回も苦労したとのことです。

時間で入場制限があるのですが、この時間でさえもすごい行列!
Ticket


暑い中、並ぶ必要があるのかどうかもわからないけど、とりあえず並びました。
やっぱり並んでよかったみたい。

あまりにも広くて見所満載のアルハンブラ宮殿は、うっかりすると見過ごすスポットばかりです。

にわかガイドになりすまし、場所を移動するたびにガイドブックを読み上げる私。
そのうちにどの部屋にいるのかも分からなくなって、全然頼りにはならないんですけどね(笑)

1_2


2

「神が創った」と言われるくらい緻密な装飾で、一部を撮ってもそれがどの程度の大きさかも分からないくらいです。

2_2


3_2


5


6


7

9_2

あまりに壮大で、あまりに私の撮影技術が稚拙。
腕の良いメンバーに写真は任せることにして、私はとにかく見よう!
と、途中で撮るのを断念!
広い宮殿をゆっくりと見て、下界へ戻ります。

と、いきなりかわいいぼうやを発見!

女性特有の「かわいーーいーー」を連呼して、うっかり激写。
うちの歯ブラシ持ってきて、モデルさんになってもらえば良かった!

Boy


途中、店先に据わっている可愛い子どものいる家族から「こんにちは!」と日本語で声をかけられました。
昨年、日本からスペインに来てそのまま居ついたとか。

Photo_6


みゆきさんとレオさん。

こんなご時勢で仕事もままならないとは思いますが、それでも好きなところで暮らすことに決められる人生も羨ましい。

このお店の手作りカスタネットやギターを売るお手伝いをしているそうです。

さらに町を散策。
「アルバイシン」というイスラム教徒の町があります。
Photo_7


水タバコを出す喫茶店を外から眺めたり、8ユーロのドレスを「イチ ユーロ!」と間違えて日本語で話しかけてくる店員に「ハチユーロだよ!」と再教育しながらもつい買っちゃった。

たくさん歩いたのでビールで軽く喉を潤して、一旦ホテルへ。
12

この夜はサッカーユーロ杯でスペインとアイルランドの対戦。

夜ご飯のバルを探していると「マリファナあるよ」と声を掛けられ、ビビる健全な私たち(^_^;)
怖いところだ!


どのバルも盛り上がっていますが、私たちはバルの店内には入らず、静かなオープンエアー。

Dinner_counter_2


この日にテレビのないオープンエアで飲むなんて、あんまりサッカーに興味のない奥方たちくらい?

時々聞こえてくる歓声でスペインチームに点が入ったことを察することができます。

ここでは、私のスペイン旅行初のパエリア(パエージャ)を注文。
皆はセビリアで食べたそうですが、私は最終日にようやくありつけました。

ピザは斧の形をしたカッターで切り分けます。
Dinner1


ビールはアルハンブラビールです。
私は濃いビールが好きなので、黒いビールを注文。

Photo_9

「フォークとスプーンください」って何て言うの?


と、よってぃに教えてもらって、ブツブツと唱えながら、カウンターにもらいに言ったり、
ウェイターさんに「名前はなんですか?」と聞いてみたり、にわかスペイン語会話を連発。

あまりの発音の悪さに、ウェイターさんも唯一スペイン語を話せるよってぃに救いのまなざしを投げていたけど、なんとか通じました。
そりゃ、普通は名前聞かれないから、一瞬きょとんとするよね。

恥ずかしそうに「ディエゴ」と答えてくれました。

2_3


写真は無事にスプーンとフォークをゲットして席に戻った安堵の笑顔です(笑)
カウンターにたどり着く寸前に、言葉があやふやになったけれど、なんとか通じました。


Spoon

そういえばアルハンブラ宮殿からホテルまでのタクシーも「ここまでお願いします」と、ホテルのカードを見せてスペイン語で話したら、タクシーの運転手さんが失笑に似た薄ら笑いをしばらく浮かべてたっけ。

私はにわか仕込みでも、こういう現地の人との会話が好きなのだと、つくづく実感。

こうして、夜は更けていき、私は通常はここで終わりなんですがこの晩は男性たちに付き合って、お酒を買い込んでお部屋で少しだけ飲むことに。

D~やんが事前に散策して見つけておいた小さい酒屋さんに立ち寄りました。
彼のお酒に対する嗅覚、ハンパじゃないです(笑)

Sakaya_2

ディスプレイされていたアルハンブラビールのジョッキを指差して、
「わー、こんなジョッキがあるんだねー」みたいなことを話してお店を出たんですが、
なんとお店の人が追いかけてきて、そのジョッキを私とヨッシーにくれました(*^_^*)

私はお金払ってないので申し訳ないんだけどね(笑)

そんなわけでビールを普段飲まない私ですが、記念に部屋に飾ってあります。

Beer_mug

少しだけ男性たちにお付き合いさせて頂いた後、部屋に戻りお風呂に入りながら、
お酒も入っていたからか、なんだか私も感慨深くなって、メンバーの皆さんへの感謝の思いやらなんやらで、思いがけず号泣。

この10年、さりげなくずっと支えてきてくれたこのメンバーだけど、
私は彼らとこの10年よく飲みに行っては、自分のことを話すばかりで彼らのこと、大して知らなかった。

いつも天真爛漫なヨッシーはこのツアー中、
「苦しいときにもこの笑顔でいるのが大変なんだよ(笑)」
って言ってたけど、本当にそうだな、と思った。


ツアー中いたるところで気遣ってくれたけど、私に出来ることは目一杯ツアーを楽しむこと、ご飯のときにお代わりを皆によそったりすることくらい。

たいしたことはできなかったけれど、おかげさまで素敵な体験ができました。


そんなこんなで長い一日も終わり、とうとうマドリッドに帰る準備です。
ビールジョッキが割れないようにしなきゃ!

2012年8月16日 (木)

【掲載情報】「城南タイムズ」

城南職業能力開発センターさんには、デザインなどの職業訓練でお世話になっております。


この度、当センター様の「城南タイムズ」が発刊され、
その記念すべき第一号の「企業訪問」のコーナーに当社が登場しています!

http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/vsdc/jonan/jonantimes1.pdf

そして、僭越ながら来年3月までの委員にも選んで頂きました。

何ができるかはわかりませんが、とにかくいつもお世話になってばかりですので
恩返しができればと思っております。

ちなみに、このセンターではびっくりするくらい色んな訓練科目が格安でありますし、
会社まで来てくれるものもあります。

城南6区(港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区)の中小企業さんは
ホームページを一度見てみてくださいね!!


技術から、ビルクリーニング、アパレル関連、物流、インテリア、電気、介護など
たくさんの科目があります。

8月28日~31日は企業向けの見学会もありますので、
ご興味ある方はご参加ください。

詳しくはHPまで!

http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/vsdc/jonan/index.html

Photo


2012年8月13日 (月)

スペイン・ポルトガルツーリング【セビリア~コルドバ】

もうすっかりお盆!!

全然梅雨時期の話なんて古いんですけど、あと少しだから書いちゃう!(笑)

思い出だしね(*^_^*)

セビリアで発熱後、朝の3時には体が軽くなり、7時にはほぼ全快し、元気に朝ごはん。

今日は150kmくらいしか走らないので、午前中走ってしまえばお昼にはコルドバに着いてしまいます。

映画「アンダルシア」にチラッと登場した小さなお城などの見学し、午後はメスキータの見学と、ユダヤ人街の見学が本日のコースです。


途中、間違えて違う道に入ったものの、大きな大きなパッチワークのような道を抜け、
広いスペインの大地を堪能しながら、とても素敵なひまわり畑を通りました。
Photo_32

スペインはこの時期、たくさんのひまわり畑があるそうなんですが、私たちはここでようやく見られました。

ひまわりごと、土と混ぜて肥料にしてしまうとのことです。

全然ひまわりと似つかわしくない、可愛げ気のない中年の男女ではありますが、
童心に返っているということでお許しください(笑)

Photo_18

2_2


ふと、山の上に見えるお城は、いかにもヨーロッパらしいお城。
今度、映画「アンダルシア 女神の報復」(で、たぶんあってると思う)を観る時には気をつけてチェックしてくださいね!

Castillo


Castillo_4

1年ぶりの大きなバイクと、元々低速が苦手な私には結構厳しい細いクネクネ道を登っていく(^_^;)

しかし、ここを歩いて登って来る子たちもいたので、それを考えたら贅沢は言ってられません。

Photo_20


お城の中はたくさんの小部屋があり、残酷なお部屋あり、鎧など武具の保管庫、武具の装着部屋、階下とやりとりできる一角など、様々なお部屋があります。

鎧を着ると重くて馬に乗れないのか、吊るされて馬に乗せられるという絵がありました。

落馬したらこれまた大変だし、何しろ夏なんて暑くて朦朧としちゃいますね。

Photo_30

見学者へのパフォーマンス用の武具を着けてはしゃぐ「GENちゃん」。
小さい頃を思い出してお城の散策が楽しくて仕方がなかったそうです。

Photo_21

このお城からは、なんと新幹線なども近くを走っていたので、思わずパチリ。
メンバーの「NIKOさん」が鉄ちゃん(本人は否定していますが)なので、つい皆つられて撮ってしまいます。

Bullet_3


久しぶりに「顔はめ」なるものを経験!!

Photo_22


紅一点なので、お姫様は当然私です(笑)

お花とも撮ってもらいました(*^_^*)
完全に負けてますが!

Withflower

コルドバのホテルに着いたら荷物を置き、着替えて昼食へ。


もうお昼からワインです。もちろん、軽くね。

Wine_2


ここのイベリコ豚の生ハムは今までの生ハムで一番おいしくて、
あっという間にお皿からなくなり、初めての生ハムお代わりでした。

Lunch


Lunch2

昼食後は、イスラム教の教会をキリスト教の教会へと改築した、イスラム教寺院モスク=「メスキータ」の見学です。

Photo_33


スペインさえ異国なのに、イスラム文化が混じって、異国情緒たっぷりの教会です。


Photo_34

アーチになっている部分、光が当たっている場所をみると分かりますが、赤と白の模様になっています。
白と赤のレンガを組み合わせているそうです。

Renga

天井の装飾もすばらしいです。(と、言いつつあまり写ってないですね)

Photo_24


メスキータの入り口にいたカップル
映画に出てきそうでなんだかかっこいいです。
Couple_2

それでも時間が余り、町をブラブラとショッピング。

私が普段履いている「MBT」というブランドのエクササイズシューズのショップを発見!!
ついつい2足も衝動買いです。

だって2足目が安かったんだもん!!

Mbt_2nd_2


気持ちだけ映画「プリティウーマン」状態で、箱を両手に抱えて一旦ホテルへ。

Photo_35


Mbt

夜は、昨晩行く予定だったけど、私の発熱により中止になったフラメンコを観にいってきました!


Ticket_2


入り口では、お料理のお鍋をお兄さんが調理中(温めてただけ?)。
写真を撮らせてもらったら、私にもグルグルさせてくれました。

Photo_31


フラメンコって、ギターやカスタネットでにぎやかなのかと思っていたら、
ギター1本と、歌と、靴音と手拍子なんですね。
(他にもあるのかもしれませんが)

食事と飲み放題まで付いての30ユーロという安いお値段で、生のフラメンコを堪能しました。

Photo_25


Stage


とにかく暑かったけれど、素敵な町でした。
映画で憧れていたアンダルシア地方を満喫ですっ♪

37degrees_2

2012年8月 5日 (日)

【掲載情報】8/6 日本経済新聞 電子版「ビジネスリーダー」欄に再掲載

先週は忙しくしており、更新ができませんでした。

ここの所、満月の前後ともとてもきれいなお月様でしたね。

今月はブルームーンと言われ、ひと月に2回満月がある珍しい期間です。

私もこの1週間今までにない、不思議な感覚を味わっております。

体調とか、人様との出会いとか、そのタイミングとか・・・。

書くとなんてことのないことばかりですが。


さて、今回はちょっとだけ宣伝です。


今年2月に日経トップリーダー 3月号に掲載して頂いた記事

『女性経営者の本音と葛藤 ある日、いきなり「社長になれ」と言われたら』が、

8月6日の日本経済新聞 電子版の「ビジネスリーダー」欄(予定)に再掲載されることになりました。

日経トップリーダーが手に入らなかった方、電子版をご購読の方、お読みいただければ幸いです。


http://www.nikkei.com/biz/skill/page/?uah=DF080120103434

まだまだ暑い日が続きますが、ご自愛くださいませ。


« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ