« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月29日 (水)

「歯科甲子園 D-1グランプリ」で審査員をさせて頂きました!

先週日曜日、東京商工会議所の会場で歯科甲子園が開催されました。
http://dental-1.jp/index.html

実はこの甲子園は第二回で、去年は残念ながら見に行くこともできませんでしたが、
今年はその関係者の方と最近お知り合いになったことから、審査員を務めさせていただくことができました。
Photo


この甲子園はまず、歯科医院さんがエントリーします。

エントリーした歯科医院さんを3か月間、一般人の覆面調査員が、普通の初診の患者さんのフリをして
問い合わせたり、予約を入れて、来院し、カウンセリングを受けて治療をしてもらいます。

その際の審査項目が多岐にわたっているため、医院では気が抜けないのです。

本当はどの患者さんでも分け隔てなく、緊張感を持って接するべきではありますが、
やはり自分の何気ないことが余計だったら、足りなかったら、と思うと、スタッフの皆さんは緊張の毎日だったと思います。

300点満点で、あるボーダーラインを越すと、今度は二次審査に進みます。

1次審査では覆面調査員に知らぬ間に調査をされましたが、
2次審査では、3分間のビデオで医院をアピールします。

私はこれは見られませんでしたが、医院さんによってはそのビデオをホームページに張っていますので、
探したら見つかるかもしれません。

院長先生が、3分間アピールする医院さん、スタッフがかわるがわる出てきてアピールする医院さんなどがあったようです。


そして、2次審査を通過した5医院がファイナル進出!

ファイナルでは、舞台に上がってのパフォーマンスを20分間。

ちょっとした寸劇あり、ビデオあり、スタッフや院長先生の治療に対する使命感溢れるアツいスピーチあり。

色んな先生がおられるなぁ、と今更ながらびっくりしました。


女性の職場なので、先生(男性)とのコミュニケーションがうまく行かず、先生が空回りしたり、
いきなり全員で休まりたり、一度はそういうご経験をなさっておられる方も多いようでした。

どの医院さんも、拝見していて思うのは、先生は歯科衛生士さん、
歯科助手さんなどのスタッフに支えられているということでした。


当たり前ではありますが、いかにスタッフが先生に共感し、この医院で働けていることに感謝しているかで、
先生はスタッフに愛されている感じが伝わってきます。


それにしても泣けたのが、金賞である「ミドリデンタルクリニック」の、子育て中のママさんスタッフの演説。

いかに子育て中の女性が仕事に就くのが大変か、そんな中快く雇ってくれた院長先生への感謝の思いを、
涙ながらに切々と訴えるものですから、もうもらい泣きがこちらも止まりません。

歯科医院選びは、実はとても難しい。


予防をしたいのか、むし歯なのか歯周病なのか、
どういう治療をしたいのか、安く上げたいのか、高くてもいいから早くちゃんと治したいのか。


今はカウンセリングが充実している歯科医院もとても多いです。


歯科医院はもう削るだけの時代は終わっています。


ぜひ、味方になってくれる歯科医院さんを見つけて、定期的に通ってくださいね!

2013年5月13日 (月)

大学院で一日講師をさせて頂きます。

もしかしたら今年の初めの方に書いたかもしれませんが、
某大学の大学院の一日講師という大役を仰せつかりました!

昨年は松山油脂の社長さんだったそうですが、
今年はなんと私が務めさせていただけるという、とても光栄なお役目です。


でもね、実際は結構なプレッシャーなのです。

大学院生と言っても、社会人の方も結構いらっしゃるらしく、

それなりに社会経験がおありの皆様に、現在に至るまでの過去からの流れ、そして未来の展望を語るのです。

過去の話は、いっぱいあるけれど、いったい皆様は何に関心を持ってくださるのか。


どんな話をしたら、「聴いて良かった!」と思ってくださるのか。


自分と会社の過去のどの部分を切り取るかは、集まる皆様のテーマによって、
商品だったり、人事だったり、自分のことだったり、その都度考えないといけません。

でも、いつも共通して悩むのが未来の展望。

実は、この部分がいつも資料では後回しになります。


「新社長のビジョンは!?リーダーなんだから、ちゃんと持ってないとダメだよ!」

この言葉を言われる度に、親指の付け根のじんましんと闘ってきましたた。
今でも掻き傷がたくさんあります。

会社のビジョン、この商品のビジョン、自分の人生のビジョン。


とにかく社長になっていっぱいいっぱいで、あれもこれも考えないといけない。


自分はそもそもどんなタイㇷ゚のリーダーなのか。


この案件については自分が考えないといけないのか、社員に考えさせた方がいいのか、
それすらも分からないくらいにいっぱいいっぱい。


やりたいことはあっても、今のファインの仕事とどう結び付けたら良いのかもよく分からない。

というような逡巡を、この2年くらいは続けていました。


そして、ストレスを感じるとみるみる出てくる唇の周りの発赤。


30代の頃に6年半も苦しんで、ようやく直したのにまた最近出てきたりして。

                 

※発赤:「ほっせき」って読むって、今知りました(笑)
  「はっか」じゃないんですね(^_^;)


でも、ここの所おぼろげながら、こんなことをしたいな、こんな会社にしたいなって言うのが
見えてきた感じがします。

その内容は、まだ青写真なので、今の時点では文字でネットに載せることはできませんが、
もうちょっと具体化したら、皆様にも色々とご意見を頂きたいな、と思っております。


先日はタイトルを書くだけで飛ばしてしまった、資料の中の「未来の展望」のページを、
ようやく埋めることができそうです。

2013年5月10日 (金)

いまさらですがゴールデンウィークのこと

今年のゴールデンウィーク、なんだか微妙な過ごし方をしてしまいました。

後半に高校時代のクラブの後輩(チアリーダー部だったのですcoldsweats01)が遊びに来るので、
前半は部屋を片付けたり、料理のメニューを考えたりして終わりました。


お客様がお見えになる時は、一生懸命片づけるのですが、片づけるほど殺風景な家になります(笑)。

まるで男性の部屋です。


ダイニングには、ただガラーンとテーブルと座椅子があるだけ(^_^;)

お花くらい買えば良かった、というくらいにさみしい。


当日は、後輩がお花を買ってくれて、ちょっとうるおいが出ました。


昼過ぎから我が家に集まって、早々にワインやらビールを飲み始め、
後輩と久しぶりにゆっくりと色んな話をして、料理を作っては出して、パンを焼いたりしながら、
夜までゆっくりと過ごしました。


実際、私は立ってずっと料理をしていたので、ゆっくりしていませんでしたが、
チャッチャと料理してチャッチャと食べるのではなく、
一日中好きなタイミングで、後輩とキッチンで一緒に料理をしながら、話をして、
ダラダラと作って食べること自体がゆっくりした時間。

とてつもなく贅沢な1日でした。

焼いたパンは、最近好評のシナモンロール。
以前いくつか作ったなかで好評だったローズマリーパン。
後輩が買ってきてくれたおつまみ用の枝付レーズンを使ったレーズンパン。


ローズマリーパンとレーズンパンは同じ生地を使って、それぞれ巻き込むものを変えるだけ。


いつもは生地を12等分にしていたんだけれど、この日は4人だったので、8等分。

ローズマリーとレーズンが一人1個ずつが割り当てです。


いつもの大きさを想定してレーズンを巻き込んだんですが、生地がすごく大きく膨らんでビックリ!


そうだった!12等分にするところを8等分ということは、150%アップ!!!

レーズンが少なすぎまして、時々しか口の中にレーズンが入って来ないという、
「レーズンパン」ならぬ「時々レーズンパン」と命名されました。


こういう辛口のネーミングを容赦なく付ける後輩が私は好きです(笑)。


パンをたくさん焼くと、お土産にできるのが良いのです。

その時に食べられる分だけを取り分けて、あとは早々にお土産用に分けました。

と、言いつつなかなか良い出来だったので、私も自分用にキープ!!


結局、皆が帰ってから、甥っ子が私のカメラを借りに来たので、つい全部あげちゃった。

食べ物をあげたくなるのは、母性なので仕方ありませんね。

喜んでくれたら、私も嬉しいです。

そして、お友達が来ると、新しい料理を1品はチャレンジしてみたくなる私。

実験台にされちゃう友達も可哀想ですが、旅は道連れ世は情け。

ちょっと手が込んだり、材料代が高くつくような料理は、自分だけのために作るのは
もったいないので、共有したいのです。


ということで、今回の初挑戦は真鯛のアクアパッツァです\(^o^)/


生まれて初めて作るのでレシピ見ながら「もう良いかな?まだかな?」なんて、
ドッキドキしながら、後輩にも手伝ってもらって作りました。

Photo

シンプルな調味料で、あれ?もうできた?ってくらいに、あっという間にできるものなんですね!

作りたい料理はたくさんあって、材料もたくさん用意しましたが、
何しろ4人ではそんなに食べきれないので、余った材料はボチボチ消化しておりますが、
ちょっと燃え尽き症候群気味(笑)


やっぱり人様がいないと張り合いが出ないですね。


他の日は録り溜めた映画を思いっきり観たりもしましたが、ゆっくりしきれないのが清水家の悲しい性分。

いや、日本人だから?社長業だから??全部かな?


最後の二日は会社に来て、デスクの上を片付けたり、今月末に講師をさせて頂く6大学の某大学院向けの資料を作ったり。

が、長くなるので(もう十分長い)この続きはまた。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ