書籍・雑誌

2011年11月18日 (金)

母の本「宇宙観-2」が出版されます。

昨年の9月から会長職になった私の母・清水和惠が、数年前から始めた点描画が、発売されることになりました。

昨日からamazonでも予約開始になりました。

Uchuukan2

「2」となっていますのは、一版もあるからなんです。

自分で刷って製本したり、オンデマンドの業者さんに印刷・製本してもらったりしたのですが、素直で乗せられ上手で彼女は、いろいろな方のアドバイス通りに動いているうちに、とてもありがたいご縁とご協力を頂いて、きちんとした本として「2」を出すことができることになりました。

この点描画は、文字通り点の集まりで絵になっています。

カラーボールペンで、厚紙に根気よく点々・・・・を描いて絵にします。

線で○を描くと、もう□にはなりませんが、点で描けば、○も□に描きなおすことができるんですよね!

実は私も母と一緒に点描画の教室に行ったんですが、私はどうも照れくさくてダメでしたが、もともと創作が大好きな彼女は、コツコツと描き続け、こうして本を出すほどになりました。

仕事も粘り強い人ではありますが、真面目に続けると色々と可能性が広がるものだと、彼女にはいつも教えられる気がしています。

本の説明を読むと、もしかしたら違和感を覚える方もいらっしゃるかもしれませんので、ちょっと補足。

あるテーマ(言葉)を思い浮かべると、ある人は音が頭の中に流れたり、ある人は匂いを感じたり、ある人は映像が頭の中や目の前に広がったり、ある人は文章が綴られたり、その方の持っている感覚の中で最も得意というか鋭い、またはよく使っている感覚が反応すると思います。個人差はもちろんありますが。

感覚というのは、元々あまり活性化していなくても、使うことを意識するとある程度磨かれるようになるもののようです。

そんな感じで、母も初めは描きたいテーマを決めては、筆を持ち、ちょっとした絵をカラー筆ペンで描いていましたが、しばらくはその絵の意味もよくわからないままに続けていたら、それに1~2行のコメントが付くようになり、そのうちコメントが文章になり。

で、今度はそのカラー筆ペンで描いた絵を点描画に描きなおして、文章をつけたものを書き溜めて今回の画集となりました。

で、この「テーマ」というのを個人にしたものありまして。

路上などで即興で自分のために詩を書いてくださる詩人さんとかで、なんとなく想像していただけるかな、と思うんですが。

そんな感じで、その方の本来持っている輝きを絵にして、文章をお付けする、ということもしております。

これがお陰様でなかなか人気でして、口コミでご注文を頂いているようです。

そういえば先日、「絶対受注名刺」という本を読みました。

「”使命”とは、自分の命をどのように人生や仕事に使っていくか」

という一文がその中にありました。

使命を持っていること自体に気づかなかったり、何が使命なのかを模索しながら生きている方も多いと思います。

使命に気づいて生きるのと、そうでないのとは、生きている意味や行動がかなり変わってくるのではないでしょうか。

彼女は、ファインでのモノづくりを経て、今度は絵を描くことで、人様の魂を輝かせるお手伝いも使命としているのかもしれません。

社長仲間でいつもお世話になっている(株)システムクレールさんにもご協力頂き、今週末にはホームページもオープンする予定です。

ご興味があります方はどうぞ訪問してくださいませ。

http://www.tenq.ai

  ↑

11/20からです。

2011年7月 5日 (火)

久しぶりの娯楽本

以前はよく小説を読んでいましたが、娯楽ものは映画を観るようにしていて、最近はすっかりビジネス本や生き方の本など、マジメな内容ばかり。

少人数の中小企業なので、原価計算、キャッチコピー、パッケージデザイン、人事総務、営業、会計、マーケティング、経営などなど、自社に関係することならまずは自分で勉強して来ました。


深く勉強しなくても、概要は知っておかないと、色んな方向性がみえて来ないというのもありましたが、もともとは心配症なんでしょうね。


小学生まで、散々マンガを読んだお陰で漢字を覚えたってくらいだったのに、今や四コママンガくらいしか読めない体質になってしまいました。


社長さんの成功本を読んでいると、ピンチに立たされてから、社長さんや社員さんがどう動いたかが成功への分かれ道だったことがわかる。

それが読み物としても楽しかったりする要因でもあるし、勇気も貰え、自分もやる気がでるというもの。

やはり本からの情報はありがたい。


会社にとって一見マイナスな出来事でも、成功本の類の本を読んでいる社員には話が早い。

ほら、ピンチのように見えても、実はここからが楽しいのよ♪

などと、明るく煽ってみたりして。


以前はあまり本を読まなかったり、本屋にすら行った事が無いと言う社員もいたりしたものですが、そんな我が社もすっかり本を読むのが習慣になり、本の調達を社員に煽られるまでになりました。

コンビニの本のコーナーで雑誌しか買ったことのなかった社員には、私が選んで渡した本を読むことから始めましたが、最近は会社側からの供給が追いつかないので、図書館に通うようになったとか。

本を読み始めてからの社員の発言内容は随分と成長し、みるみる逞しくなってきました。

ありがたいことです。


そんな訳で、本屋さんに行くと彼にはこの本、彼女にはこの本、とついつい買いすぎてしまいます。


今日も久しぶりに大きな本屋さんで、何冊かの本を抱えながら、つい、見つけてしまいました。


Yahoo!知恵袋に載っていたあの相談内容が、本になったんですね。


1309875827977.jpg


そう、「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」

ニュースにもなったし、ニコニコ動画やブログでも紹介されているので、ご存知の方も多いと思いますが、一応ご紹介。

ある男性の奥さんが、ある日家に帰ると、玄関で死んだふり。

最初はビビったものの、そのうちスルーするようになるのですが、奥さんはエスカレートして、手の込んだ小道具を自作したり。

何が目的地のか、旦那さんにはわからず、今後どう対処したら良いかをYahoo!知恵袋で相談したのです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1243817632

この旦那さんもクールな反応ながら、なかなかの文才!

このご時世なので、ちょっとシャレにならない部分はありますが、平和な実話で、かなり笑わせて頂きました。

http://spn.blogs.yahoo.co.jp/kkajunsky

パラっと立ち読みしたらハマりそうだったので、つい買って来ました。


皆さんもオススメの本がありましたら、教えてくださいね!

2010年10月 8日 (金)

「ホンダ・フラッグシップバイク開発物語」出版のお知らせ!

前回のブログから書きたいことがいっぱいでしたが、なかなか書く時間がなくて、すっかり空いてしまいました。

まずは趣味のバイクの嬉しいアナウンスをさせてください♪

私の乗っているHONDA CBR1100XXというオートバイや、ゴールドウィングなどを開発した開発者「山中勲」さんから、この度「ホンダ・フラッグシップバイク開発物語」が出版されたとの嬉しいお知らせが届きました~~~!!!happy02

Honda_3 ←クリックでアマゾンへ

しかも表紙はCBR1100XXではないですかぁheart01

私が2002年にアメリカ横断をしている時に、バイク誌での連載が始まったとのご連絡を頂いたエッセイでしたが、8年の時を経て本となったとのことです。

アメリカ横断中はハーレーとゴールドウィングばかりが目に付きました。

そして、山中さんの開発物語に出てくる砂漠を走ってきた私には、内容がリアルに目に浮かび、メカのことは疎い私ですが、ご苦労が伝わりました。

山中さんは一目お会いした瞬間にお人柄の良さが伝わるとてもとても素敵な方で、ある時CBR1100XXの開発に携わったHONDAさんのメカニックの方々にお会いする機会がありましたが、全員が異口同音に山中さんを絶賛しておられたのが印象的でした。

「BS11」10月17日(日)PM9:00~9:55 番組「大人のバイク時間」に出演なさるそうですので、ぜひHONDAさんに限らずバイク好きの方はご覧くださいね!

2010年7月20日 (火)

7つの習慣

数年前に出席した異業種交流会で、本を一人一冊持ち寄り、抽選で当たった本を頂いて帰るということがありました。

私が持って行った本は忘れてしまいましたが、頂いて帰ったのはスティーブン R コウ゛ィー氏の「7つの習慣」。

近所の学習塾でもこのロゴを見かけるけれど、分厚くて難しそうなイメージに怖じ気づいて開くこともなく数年が過ぎてしまいました。

ただ、隣に座っていた男性の方が「その本は良いよ」と誉めておられたのが耳に残っていて、いつか読まなきゃと思っていたところ、コヴィー氏によるセミナーが開催されるとのことで、急いで参加申し込みをすると同時に、読み始めました。

この本は、社会に属する様々な面でとるべき態度、持つべき考え方を書いておられますが、私は部下でもあり、上司でもあり、娘でもあり、叔母でもあり、友人でもあり、地域の住民でもあります。一人の人間が様々な肩書きというか人との関わりを持っている中で、どうあるべきかということをわかりやすい事例で解説してあります。

事例はわかりやすいのですが、文章は難しいので難航しておりまして、7つの習慣のうち、ようやく4つ目に入りました。

セミナーに間に合わなくても良いのかも知れませんが、なんとか間に合うように時間を見つけて読み進めてみたいと思います。

2010年5月11日 (火)

「環境ビジネスレポート No.188」に掲載されました。

いつもお世話になっているエコビジネスネットワーク様および株式会社オフィスメイ様が発行されておられる「環境ビジネスレポート」の11ページ「環境商品」というコーナーで、1ページにわたり弊社代表の取材記事を掲載していただきました。

ありがとうございました!

2010年4月26日 (月)

雑誌「荷風!」

「荷風!」という雑誌にご縁があり、今月号に掲載して頂きました。

ちょっとレトロな」表紙で、かなりマニアックな感じです。

東京の公園の”今昔”探訪が今月の特集です。

震災復興公園とか、荷風の東京公園とか、龍馬伝でも大活躍の岩崎弥太郎氏の旧岩崎邸庭園など、興味深い公園の今と昔の写真が載っています。

近隣のグルメも載っているのがこれまたウレシイですhappy01

http://www.nihonbungeisha.co.jp/kahoo/

あまり更新されていませんが、ブログの方はアップデートされています。

http://nihonbungeisha.cocolog-nifty.com/kahooblog/

(お!ココログ仲間ですねflair

2009年11月10日 (火)

アーガス21 11月号「キラリ企業の現場から」でご紹介いただきました!

おかげさまでメディアでご紹介いただく機会の多い弊社でございますが、今回は東京都中小企業振興公社様の月刊誌「アーガス21」の11月号の巻頭ページ「シリーズ キラリ企業の現場から」でご紹介いただきました。

http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/jigyo/argus21/pdf/0911argus372.pdf

お時間のある時にご一読いただければ幸いです。

実は、この公社様にはとてもお世話になっております。

色んな講座があるし、とても安いので、色々勉強させていただいております。

中小企業の強い味方です!

週末は1年ぶりくらいでエステサロンでフェイシャルを受けてきました。

賞味期限は短いですが、数日間は美肌(ワタシ比)がもつかしら?

2009年9月18日 (金)

AERA with Baby 10月号に載りました!

毎年毎年必ずどこかのベビー雑誌で紹介して頂ける「ぷぅぴぃリング歯ブラシ」ですが、この度はAERA with Babyさんの10月号の40ページに掲載していただきました!

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B002MYCVIQ/ref=pd_lpo_k2_dp_sr_3?pf_rd_p=466449256&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=B001TL2WNC&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=1RRSXMKJYP3J28Q8FZ3W

「親の力で歯の一生が決まる」という特集です。

お世話になっている倉治ななえ先生のコメントも載っています。

お子さんがいらっしゃる方もでない方もはぜひご一読ください。

その中で妊婦さんはつわりで歯を磨けなくなったり、ホルモンの関係で歯周病菌が増殖して歯肉炎を起こしやすくなったり、唾液量が減ったりすると書いてありました。

妊婦さんは色々あるんですねー。

2009年4月15日 (水)

メディア掲載情報です。

皆様、こんにちは!

昨日の暴風雨(?)で、ビルの中が桜の花びらだらけになっておりました。

この時期と落ち葉の季節は、朝の掃き掃除は腕と腹筋を使うので、朝からいいエクササイズになります。あと2~3kg体重を落としたいところではございますが、このちょっと本気になりきれない数字であることと、大食甘党酒飲みというあまりおおっぴらには言えない傾向に、日常の動作でなんとかカロリー消費を狙っております。

さて、今日は仕事のことなので時間中に書いちゃおっと♪

じゃじゃーん!と3冊です!

4月21日発売 小学館さん「DIME」の歯ブラシ特集に「竹の歯ブラシ」

4月22日発売 マガジンハウスさんの「an an」1656号P.76開運特集ページ(超保存版!)に「開運梵字歯ブラシ」

5月1日~2年間掲載で「EEIE(ええ家) かんがえる、きれいなくらし。」というサイトの「PICK UP ロハスなオーラルケア」という企画で「竹の歯ブラシ」が掲載されます。

このサイトのスポンサーさんはアクタスさん、関西電力さん、上新電機さん、パナソニック電工さんの4社。2009年3月25日にオープンしたばかりで、近畿2府4県の30代を中心とした男女が読者層なんだそうです。

http://www.eeie.me

どれももうじきなので、皆様来週は本屋さんかコンビニでチェック、チェックです♪

2009年3月21日 (土)

弊社代表がFELICEに載りました。

今日は暖かな日で、ランチの時にはコートも要らないくらいでした。

今日は商談も兼ねて近所のイタリアンでプチコースを頂いたので、お腹いっぱいになり、2時からが穏やかかつキツイ時間でした。意味もなく、クマみたいに社内をウロウロしていました(笑)

さて、今日は宣伝です。

住友生命さん発行のFELICE(フェリーチェ)という雑誌に、弊社社長を取材していただいた5月号がこの度発刊となりました。

もし機会がございましたらぜひご一読くださいませ。

三女のこともコメントしております。ぷぷcat

では、皆様素敵な週末を。

Sn3j00111

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ