経済・政治・国際

2012年8月28日 (火)

産業懇談会に出席してきました。

先週は、ある会合のお勉強会に参加させて頂きました。
あのライフネット生命の出口社長様のお話しを伺う機会がございました。


社長の仕事の95%は社員が楽しく働ける仕組みを作ること。
残りの5%は、社員では決められないことを決めること。

などなど、書ききれないほど含蓄のあるお言葉ばかりです。

生命保険が実はあまり好きじゃない私も、入るならココだわ!
と思うくらい本当にすてきな社長様で、お話しも上手で、とても勉強になりました。

出口 治明 社長様の著書はたくさん出ていますので、ぜひ一度お読みください。

実は、7月21日には私がスピーカーとなってお話しさせて頂く機会もあり、
その時も「私なりのリーダー」というのをお話しさせて頂きましたが、
「リーダーについて」ここの所立て続けに考える機会があります。

その時代、時代に合ったというか求められるリーダー像というのがあると思うのですが、
国際的な影響のみならず、社会的・文化的に複雑な要素が絡む世の中で、
リーダーがワンマンでやっていくというのは、とても難しいのだとつくづく思います。

いかに社長の思いをスタッフ達に伝え、共有し、皆の意見を吸い上げて、
仕組みを作っていくことができるか、これはデジタルだけではできないものです。


先日、ある数千人の会社さんの小売店の方が、
「店サイドと本部との調整をしたいのに、誰に相談して良いのかわからない」と
おっしゃっていました。


もちろんどの会社にも問題というか、課題があるものですし、私は別に相談を
受けたわけでもなく、受けたところでそんな大きな会社さんに提案などできませんが、
大企業というのは、少なからずこういう問題を抱えておられるのかな、と思いました。


珍しくこんな経営のことを書きましたね(^_^;)


実は、こういう話は講演会ではさせて頂くのですが、まだまだ文字にして語るには
2年という経営者のキャリアとしては短すぎるので、ここでは書かないようにしています。


そんな私ですが、昨日は品川区さんの主催する、「産業懇談会」なるものに出席させて頂きました。


私ごときで良いのかしら?と思いますが、出席する会社もバリエーションも必要ですしね!


ということで、わが社の現状として、足りない所、チャレンジしていること、
これから向き合わなくてはいけない問題、そして要望を、直接お伝えさせて頂くことができました。


品川区はもともと教育には先進的な取り組みをなさっておられるし、
産業に関しても助成金や、コンサル的なことも積極的に支援してくださるので、
なにか困りごとがあると、気軽に相談に乗って頂いています。


これからももちろん頼りにさせて頂きたく、色々と好き勝手なことを申し上げてきました。

すると、帰り際に出席された企業の代表の方々から「今日は面白い話をありがとうございました。」と、
声をかけて頂きました。


面白かった・・・???


確かに会場は、私の話の時には笑いに包まれていましたが、
それは内容が興味深かったのか、
はたまたトークが面白かったのか・・・。


最近、私のことを「面白い」と言ってくださる方が以前より多い気がするので、
理由を考えているのですが、
文章にすると大して面白いことは言ってないんですよね。


それを証拠に、「こんなことを言ったら大爆笑されたわーhappy02」という報告をしても、誰も笑ってくれません(泣)

それもそうかとも思いますが、どうも一見とっつきにくそうな私のルックスと、
コミカルな表情や仕草、口調や自虐ネタによるギャップが面白いのでしょうか。


うん、とにかくライブ感が大切なんですね!!

ということで、本日は「東京都立城南職業能力開発センター」様の企業見学会に、
なんと「委員」として出席させて頂きます!!!!
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/vsdc/jonan/kengakukai2012.pdf
ここでもなんとパネリストのように意見を申し上げる機会を頂けるようです。

ライブではありますが、笑いを取りに行くわけではないので、出席者の方、そういう期待なさらないでくださいね(^_^;)

また、9月6日にも経営者の勉強会でパネリストをさせて頂けます。


東京都、品川区、勉強会共にお世話になりっぱなしなので、
頂けるお役目をお引き受けすることくらいしか恩返しができませんが、
こうしてお話しをさせて頂けるって、本当にありがたくて贅沢なことです。


昨日までも感謝いっぱいですが、今日も感謝で溢れる一日になるよう、
精いっぱい務めさせて頂きたいと思います。


皆様も充実した一日になりますように。

2010年1月20日 (水)

小泉純一郎さん

月曜日の夜はある会社さんに御招待いただき、竹中平蔵さん、小泉元内閣総理大臣のそれぞれのお話と、川井 郁子さんのバイオリンをお聴きできる機会を頂戴しました。

おはずかしながら政治にも経済にも疎い(算数理科社会が小学校で既に・・・sad)私は、テレビでもすぐチャンネルを変えてしまうのですが、小泉さんのお話はやっぱりどんな話が出てくるのか、このタイミングということもあって興味津々でございました。

立食の懇親会場だたのですが、奥のほうにいらした参加者の方も小泉さんが壇上に立たれると、ステージに近寄って来られる方が多く、まだまだ小泉さんに関心を持っておられる様子がわかりました。マイクがあるので、話だけなら遠くまで聞こえますが、近くに寄るっていう光景初めてみました。やっぱりすごい方なのだと実感しました。

が、もう政治家を引退なさったのもあって、スピーチや講演では政党関係なく日本全体がよくなっていくための心がけのようなテーマで話しておられるとのことでした。

会場の期待とは違いましたが、それでも普遍的な良いお話でしたので大満足です。

歴史上の人物を引き合いに出されることが多い小泉さんなので、虎にちなんだ方をお二人ご紹介なさっておられましたが、そのうちのお一人は吉田松陰の辞世の句を紹介なさったり、オバマさんの演説を引用なさって、自分は国や会社、家族に何ができるのかを考え、国民自らが行動を起こす精神、自らを律し、学び、自助の心、責任を持つことが大事であるとの熱弁でした。

また、尾崎行雄さんという政治家で63年間に及ぶ連続25回当選という記録をつくられた方の「人生の本舞台は常に将来にあり。」という名言もご紹介なさっておられました。

いくつになっても人生はこれからが本番であり、輝かしく多望であるという、彼の人生観なのだそうです。

「私も昔は・・・してたもんよ♪」なーんて、過去を自慢することなく、今もこれからも磨き続けていきたいですね!

立ったままお聴きしていましたが、無駄のないお話っぷりで、あっという間の20分間でございました。引退をなさっても枯れた感じもなく、変わらず凛となさっている雰囲気はさすがですねー。

スピーチ後もずーーっと写真撮影に応じておられました!

素晴らしい機会を頂き、感謝です。

そうそう、今話題のtwitterも始めましたが、まだ「よろしくね!」といえるほど使い方をマスターしておりませんので、また後日!

2009年4月20日 (月)

助成金申請

今日は寒くも暑くもない爽やかな日ですね。
しかしながら、私は一人社内で軽いパニックになっておりました(^_^;)

今日は助成金申請の日なのです。
助成金と言っても色々種類があり、今回は新製品開発に関する助成金です。

会社がある東京や品川区はこの制度が充実しているので本当に助かります。

そして書類を埋めるために背中を押されるがごとく開発が進むのは、ギリギリ星人の私には良いのかも知れません。いや、本末転倒なんですが…(笑)

ドキドキのプレゼンではございますが、今回の商品は私のおっ気に入りの商品で、デザインの打ち合わせの度に身悶えして喜んでおります(*^o^*)

とは言ってもちゃんとした口腔ケアグッズなので、審査員の皆様に趣旨と有用性をご理解頂けるように頑張ってきます!

そして、1日も早く必要となさっておられる方のお手元に届けられますようにラストスパートで商品開発をしなくっちゃ♪

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ