お知らせ!

2016年4月21日 (木)

レボ UコップWが二冠!!

この度、2014年発売の「レボ UコップW」がりそな財団様と日刊工業新聞様主催の「中小企業優秀新技術・新製品賞 奨励賞」を受賞いたしました!
この賞の存在は、何年も前から知っていたのに、なぜか今まで一度も応募することがありませんでした。でも、今回はピン!ときてしまったのです。

2014年のグッドデザイン賞に続き二冠でございます!!!

そして4月19日に贈賞式が行われ、出席してまいりました。
交流会では、同じように嚥下障害者向け製品を作られている受賞者の方もおられましたし、他の受賞者のお話ししたり、主催者の方にご挨拶したり、審査員の方からは「ユーザーに寄り添ったものづくりをしていると感じた」とのお褒めの言葉を戴いたりして、こういう時しかできない出会いをさせて頂きました。

こうして社会の皆様に盛り立てて頂けることも、ものづくりの大きな励みになります。
これからもファインらしいものづくりをしていきたいと思います。
ご指導、応援をよろしくお願いいたします。


Photo_2


Photo_3


2013年11月16日 (土)

40才のお祝いに書いて頂きました。

ちょっとご無沙汰してしまいました。

実は、私の誕生日ではなく、10月25日のファイン株式会社のお誕生日の話です。

去年は40期とか言って、たくさんのお祝いの言葉を頂戴しましたが、

今年のお誕生日で丸40年なんですね。


不惑の年ではありますが、なかなかそうはいきません。


お陰様で、代表に就任してからと言うもの、たくさんの取材をお受けする機会がございました。

そのたびにテーマを頂くので、父の時代はどうだったのかしら、
などと、いきさつを調べるべく、会長である母から、ファインの歴史を聞くことが多いのです。


「人様のご縁で」


使い古されたような、定番な言葉ではありますが、やっぱりそう思うのです。


もしかしたら、神様が「金の斧、銀の斧、鉄の斧」のように、
どう対応するのか、試すために派遣なさったのかもしれないような出会いも
あったかもしれません。


社内にも社外にも、必ずしもありがたいご縁のようには思えないこともありました。

時間が経ってみると、彼らの残してくれたメッセージや人脈はとても貴重で、
憎まれ役を買って出てくれたのかと思うと、やっぱりありたいご縁なのだと思えます。


そんなわけで、40才のお誕生日に社内でささやかにおやつのケーキでお祝いしました。

社員にしてみたら、「創立記念日は休みにしてほしい」って思っているかもしれませんが、
うちの会社はずっとそういう文化がありません。


そもそも休みにすると、会社がひとりぼっちになっちゃうので、

お誕生日が平日にあって、皆が普通に働いている。

色んな考え方があると思いますが、そんな状況が私は昔から好きなのです。

40才になった翌日、あるイベントがあり、
そこでインスピレーションで書を書かれる杉田廣貴さんという方に
私の名前で書を書いて頂きました。


でも、せっかくの誕生日だったのだし、「ファイン株式会社」の書も書いて頂くことにいたしました。

それがこれです!!

   ↓

   ↓

ジャジャン!!

   ↓

   ↓


Fine

   「ご縁の

     一糸一糸を

       私たちが

        大切にして

         歩むから

          今がある。

    一本の縁を

     これからも

      繋ぎ 彩ろう。」

という、とてもとても嬉しい書でございました。

派手な会社ではないけれど、ファインという会社を通して、


たくさんの方と色んな幸せを共有したいと思っております。


これから先の、そのまた先の10年もどうぞよろしくお願いいたします。

2013年9月 2日 (月)

41期を迎えました!

お陰様で9/1から41期を迎え、ファイン株式会社は満40歳となりました。


名刺には創業60年とか40期とか、4代目とか書いてあって、結構混乱なさる方が多いので、
ちょっと解説です。


昭和23年に父の叔父がローソク会社を設立。

昭和33年に「ファイン」ブランドで歯ブラシ事業を開始。

昭和48年に「ファイン」ブランドの事業を分離し、父・益男が独立。

平成7年に母・和恵が代表に。

平成22年に私が代表に。


Photo

  ↑
歴代の代表です。


ということで、ファインの前身からはもう65年経ちますが、
父が独立して40年。

ファイン株式会社としては3代目なんですが、
今でも現役のファインブランドは私が4代目を引き継いでおります。

ファインの3代目を受け継いで丸3年。

ちょっとだけ社長らしくなってきたようですが、まだまだ経験不足。

お陰様でたくさんの方にアドバイスを頂き、なんとかがんばっております。

40期は私の中で「仕切り直し」みたいなところがあり、
「情報収集の年」と位置付けました。

そして、実際そのようになりました。

41期はその情報+αで製品に反映していきたいと思っております。


また周囲の皆様のお力をお借りしながら、がんばって社会に還元していきたいと思っております。


今期もどうぞよろしくお願いいたします。

2013年4月10日 (水)

続いて身内ネタ

さてさて、そんなメンディー君繋がりなのですが、
このメンディー君がテレビや、達郎との撮影でもたびたび身につけているのが、
実はわが母・わが会長である清水和惠作のペンダントなんですね~!!

達郎につられて、メンディー君も、和惠さんのことを「バービー」と呼んでくれているのですが、
達郎がしていたペンダントをメンディー君も「欲しい」と言ったとか言わなかったとか、
とにかくプレゼントしたようで、それをたびたび着けて登場してくれるわけですよ(ToT)

嬉しいではありませんか!!


和惠さんのペンダントは、彼女が点描画を書く中で、パワーが高く、ペンダントへのデザインに
変換できた数点を、チタンで作っています。

私の場合、母のペンダントは大きなプレゼンがある時や、海外ツーリングなど、大きなイベントの
時には、必ず身に着けて臨んでいます。

お客様の中には、毎日肌身離さずの方もいらっしゃるようで、たかがペンダントなのかもしれませんが、
パワーストーンのようにお守りにしている方が結構いらっしゃいます。

いくつかデザインとサイズがありますが、それぞれ在庫があまりないので、
メンディー君とまったく同じものがあるかどうかわかりませんが、
ご興味ある方はどうぞ下記のリンクからお申し込み下さい。
http://www.tenq.ai/jewelry.html
ちなみにメンディー君は「天界の光」のミディアムというサイズのゴールドをご愛用です。

母がのんびりとやっているサイトですので、お返事が遅いかもしれませんが、
ご容赦くださいね。


※ちなみに、母の望みはペンダントが売れることではなく、これを身につけた方が、
パワーを受け取って、ご自身の魂を輝かせて生きていかれることです。
メンディー君とおそろいということではなく、同じようにパワーを受け取るために、
ご自身がピンと来るデザインをお選びいただくことをお勧めします。


そんな母・和惠さんは、最近ちょっとした経営コンサル的なものを始めました。
と言っても、売り上げ向上のコンサルではありません。
なんとかしてもくれません。


でも、彼女の子育ての経験、結婚の経験、夫を自宅で看取った経験、
会社経営、事業承継など、娘の私が端で見ていても、葛藤と闘いながらも綺麗に生き続けている
彼女の生きるコツをお伝えできればと、子バカながらも思っております。

自分がこの世に生まれ、使命としていることは何なのか、本当に得意なことは何なのかを知りたい。
次に進むために背中を押して欲しい。

とにかく取り留めない不安・ワクワクをひっくるめて聴いて欲しい。

などなど、彼女にぶつけてみてください。

きっと、ご自身に芯とゆとりが生まれると思います(*^_^*)

お問い合わせは同じサイトからお願いします。

http://www.tenq.ai

2013年4月 8日 (月)

身内ネタなんですが

もしかして一ヶ月ぶりくらいの更新???

この3月はお世話になった方の異動も多く、
ちょっと感慨深い月末でした。

感慨深いといえば、身内ネタになるのですが、ちょっと宣伝を2~3こさせてください(^.^)v

このブログでも何回か紹介させて頂いているGenerations
(EXILEの弟分グループで、2012年11月にメジャーデビュー)の
メンバー・関口メンディー君。

彼はパフォーマーなのですが、運動神経が良く、大学から始めたダンスで
あれよあれよと言う間に、最近はバラエティでも俊足を発揮したり、大活躍です。

そのメンディー君は、うちの甥の幼馴染で、いまだに家族ぐるみで仲良くさせて頂いています。

で、うちの甥っこは、最近カメラを勉強しに学校へ行き始め、
お友達を撮ったり、景色を撮ったりして勉強していましたが、
ここの所メンディー君をモデルにして練習していたようです。

これがなかなか好評なようでして、
たびたびメンディー君のブログ(有料サイト)でも紹介してもらったり、
公式なサイトでも使ってもらっているようです。

伸び盛りの2人。大きく伸びていって欲しいです。
画像はこちらでもご紹介しているのでご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/s-ka-o-ru/e/3001a941d01a56a1c0bdfa3dec65aee4


甥っ子の達郎は、勉強中の身ではありますが、既にお仕事も結構いただいているようです。
オシャレも大好きな達郎は、洋服選びからお手伝いもできます。
年齢性別問わず、洋服のコーディネートも含めたプロフィール写真などのご依頼も承ります(*^_^*)


長くなるので続きは次回に!

2012年11月 9日 (金)

GENERATIONS プロデビュー!!!

以前、ご紹介したEXILEの弟分の「GENERATIONS」。

http://generations-ldh.jp/
「夢者修行」という全国ツアーを終えて、とうとう11月21日に『BRAVE IT OUT』でメジャーデビューとなりました!!


色んな駅で、こんな看板が駅前に貼られていると思います。

Generations

写真一番右のメガネの関口メンディー君は、うちの甥っ子と同じ保育園で、今でもずっと仲良し。


時々ファインにも顔を出してくれるんですよ(*^_^*)


大学に入ってから始めたというダンスで、ここまで来られるなんて、本当にすごいです。

うちの姉もコンサートに行ってきたようです。
皆で応援しているので、いつまでも活躍してくださいね!!

2012年9月 3日 (月)

お陰様で40期が始まりました!

この九月一日から、お陰様で我が社は40期を迎えました!


父の叔父が始めた若松油脂化学工業所は、大阪市城東区のローソクメーカーでした。
(後に若松産業株式会社に社名変更)

戦後の日本はまだ電気が不安定で、夜にはローソクが欠かせない毎日だったようで、必需品だったんですね。

ローソクが軌道に乗り、次に皆が使う消耗品ということで歯ブラシのパテントや機械をドイツから買い、この歯ブラシのブランドを「ファイン」としました。

History


ヘッドも大きいし、ヘッドの厚みもすごいです。

Back


歯ブラシ本舗っていう愛称(?)まであったんですね!

この後、病院経営を始めて、ローソク部門、歯ブラシ部門の権利をそれぞれ渡す事になります。


ローソク部門は、東亜洋ローソク株式会社という会社さんと合併した後、大きくなり、
今でも「東亜ローソク株式会社」さんとしてご発展なさっておられます。

歯ブラシ部門は、昭和48年 私の父が東京営業所勤務の時、
若松産業株式会社の社名を引き継ぎ、東京で歯ブラシの会社を起こしました。

そして昭和50年 ブランド名であったファインに、社名変更しました。

Oosaka


Dscn0011


父の叔父がどんな方か、いまいち分からないのですが、多角経営をしていたところを見ると、
実業家タイプだったんだろうなぁ、と思います。


3

これは唯一残っている、創業者から3代全員で写っている写真です。

毎朝と帰りのご挨拶、大切な商談やイベントに行く時など、声を掛けています。


---------

父は朗らかで人懐っこくて、営業向きなお祭り男。

小さい頃は寝る前に色んな話をしてくれるのですが、いつも臨場感たっぷりで、
ワクワクしながら聴いていたのを思い出します。

話すのが本当に上手で、その場にいるような話をするのが得意だったようです。


私は、あれだけ反抗していたけど、父と性格がよく似ているようで、
二人とも、すぐに知らない人にでも臆せず話しかけちゃう社交家タイプです。


私が27歳の時、父は55歳で亡くなりました。

私の反抗期が長すぎて、父とは仕事の話を大してすることもないままで、
ポツポツとした言葉しか覚えていませんが、「ガイアの夜明け」でも読み上げられた父からの手紙は、
20年近く経った今でも色褪せない、大切な事業承継に関する生きたメッセージです。

20100727_1


--------

それまで会社で経理をしていた母は、54歳で父から社長を引き継ぎ、しばらく父の看病と社長業をこなしていました。

母は人前に出たがらないけど、出ると物怖じしない、度胸のあるタイプ。
父は、きっと母の一声で色々と決断を下していたんじゃないかしら。


母は、次の世代にバトンタッチすることをミッションとして、がむしゃらに開発や営業をしていました。

介護の自助具も、グミキャンディも母が手がけたアイテムです。

70歳になるのを機に二年前に私と交代しましたが、
「17年間、好きに商品開発が出来て本当に楽しかったのよ」、と言っておりました。

こうして自分が社長になってみると、よく違う分野に出る勇気があったなぁ、と感心しちゃいます。

もしかしたら以前も書いたと思いますが、うちの母がまだ社長の時、

「社長は会社に愛されてるね。
電話もコピー機も、机も、倉庫にある商品もみんな、社長を応援しているよ。」

と、ある方に言われたことがありました。

そばで聴いていて、すごくカルチャーショックを受けました。

その通りだと思いました。

だって、母は朝も昼もなく、本当に全力で会社を守っていたから。
それをずっと見ている会社や備品が応援しないわけないなぁ、と。

その反面、今よりのんびりしていた私たちに対して、
「みんな、ぶら下がって会社を利用するこばかりで、会社がかわいそう」とこぼしたことがありました。

自分のがんばりと比較するのではなく、会社に対してどういう気持ちでいるのか?

お嫁に行ったら会社を辞めるのかな、なんて、少し会社を他人事のように思っていた私は、
すごく反省し、今でもいつも自分の心に残っています。


そういういきさつもあり、うちの会社はこういう業者さんも、大切にするようにしています。
先方がどうおもっていらっしゃるかわからないけれど、すぐにPCやコピー機を直しに来てくれたり、
大切な荷物を運んでくれたり。

ファインの業務が滞らないようにするためには、いわゆる業者様も縁の下の力持ち。

社員も率先して、おもてなし(?)をするようにしています。

そして、母がいつも頼りにしていたのが社外スタッフである仕入先様。
アイデアを形にしてくださる専門家の皆様は今でも心強いの一言です。

少ない量だからもうできません、とお取引を断って来られた会社さんもありますが、
ずっと続けてくださっている仕入先様には、感謝するのみです。

私も、父や母が培った信頼関係を壊さないようにするとともに、
色んな機会に感謝の気持ちを伝えるように心がけています。


-------

私の時代になると、創業64年、父が設立して40年のこの会社は、もう私よりも大先輩です。
小さいながらもすでに法人格という会社の人格があります。

私のことはご存じなくても、

「ファインのことは知っている」

「この歯ブラシなら使っていた」

という方の方が断然多いのです。

私はこの会社で得た両親の収入で食べ物にも住むところにも困らず育てられ、学校にも行かせてもらい、
現在もこの仕事を続けることが出来ています。

会社にも恩返しがしたいし、この会社を支えてくださった皆様にも恩返しをしたいと思い、
事業承継致しました。


今までろくにキャプテンらしきものをしてきたわけでもなく、
リーダーシップを発揮してきたわけでもない私の社長像ってなんだろう。

そういえば、母もそんなタイプ。小さい時からずっと「おみそ」。
ちゃんとできなくても許されて生きてきた。
母親になってからも、役員はやるけど、PTAの会長に君臨するタイプでもなかった。

いつも、「うちの組織はピラミッド型ではなくて、円なのよ」といい続けて来ていた。

では、私は?


-------

私は今でこそ、ルックスからか、しっかり者で、運動神経もよさそうに見られますが、
実はかなりのおっちょこちょいの慌て者です(^_^;)


小さい頃から、成績もオール3の普通の子でした。

徒競走では、ニコニコと両親に手を振りながらビリを走っていました。

足が太くて、遅くて、顔もぶちゃいくで、二重飛びも一回もできないくらいドンくさいし、歌も絵も下手。

ずっと、「私は、お姉ちゃんと違って両親の悪いところばかり取ってる。」と、
ひがみ続けておりましたが、こうして大人になってみると、着物の講師もしていた母の影響で
着物も楽しめるようになったし、父の社交的な性格でたくさんの方と交流できる楽しみもあります。


こんな感じで、漢字が得意なくらいのと、笑顔だけが取り柄の、取り立てて飛びぬけたところのない子として育ってきました。


だから親も私に期待をかけずにいたので、プレッシャーの中で育つこともなく、
一番じゃなくちゃイヤ!ということもなく、その場その場を私のレベルで楽しんで生きてきたのかもしれません。


そんな私は小さい頃と何も変わっていなくて、
営業畑でもなければ技術畑でもなく、経理畑でもありません。

ただ、入社以来、社内の色んなことを経験してきて、
それぞれの部署の仕事はある程度分かっている、いわばプロのOL!?

ここを調整すれば、こっちの仕事がうまく回るのかな、というコーディネート役をしてきたのかもしれません。

気負うにも、私には何もないので、私のペースで次の世代にバトンを渡すことができれば良し、と思っています。

私の社長像とは、ファインのマネージャーのような役割がふさわしく、社員を引っ張るリーダーというより、
クラスの担任のように、責任者でありながら、各人の能力を引き出すことに徹するお膳立て係、
というのが落ち着くかもしれません。


そんな小さな同族会社でありますが、それぞれの時代に、それぞれのメンバーで、
会社を愛し、商品を愛し、お得意様や協力会社様に支えて頂き、ここまでくる事ができました。

10年後はどうなっているのか想像もつきませんが、皆様からのご支援が頼りです。

これからもどうぞご指導ご愛顧よろしくお願いします。



Iga


2012年8月29日 (水)

吸引歯ブラシと照明開口器が「メードイン品川」事業の選定商品に決定!

モノづくりと言えばお隣の大田区がよくテレビに出てきますが、
品川区は、京浜工業地帯だけあって、モノづくりだってなかなかなんですよ!

サンリオさん、楽天さん、JALさん、ごま油のかどや製油さん、車のアンテナの原田工業さんなどなど
有名企業さんも多いけれど、中小企業もがんばっています。


品川区では、「メードイン品川PR事業」と銘打って、
そういう品川区の中小企業で生まれた製品や技術をPRしていく事業を、今年から始めました。


今年度は一次審査を通過した30社の中から4社選ばれたそうで、
その記念すべき初年度の4社に選んで頂きました!shine

Pr

わが社の選んで頂いた製品はコチラ!!デデ~ン♪ 

 ↓   ↓

「吸ty(キューティー) 吸引歯ブラシ」


1001_001c

この商品は、ヘッドに吸引チューブがセットされていて、その吸引チューブは吸引器に繋げます。
すると、磨きながら汚れを吸引器が吸ってくれるので、
むせやすい方の口腔ケアが簡単に短時間に、安全に行えるようになっています。

そして「照明開口器 ホタル」

中が空洞になっていて、ペンライトを挿入して使います。

Hotaru

こんな感じで使います。


Set_3

ホタルで開口して、開いた隙間から吸引歯ブラシを入れて、吸引器で汚れを吸い出します。

ホタルにはペンライトがついているので、在宅介護など、お口の中に光の届きにくい態勢でも、
口内を明るく照らし、磨き残しなどがよく見えます。


「反射的に指をかまれる」という事故も防げます。


私が下手なナレーションで説明している映像がありますので、ご参考になさってください。
http://www.youtube.com/watch?v=KIw2xKbPlFw

今後ますます介護や看護の分野で活躍できる私の大好きな商品が、
私が生まれ育った大好きな品川区に認められたことが、とても嬉しいです。

今後は、ケーブルテレビ品川、品川区のホームページ、しながわ産業ニュースでの露出、
展示会などでのPRブースなどなどでPRしてくださるとのことで、
営業人員の少ないわが社にとって、本当に本当にありがたいお話しです。

ほがらかで親しみやすくて、頼りがいのある濱野 健 品川区長様が直々にPRをしてくださるそうで、
実に頼もしいです。


これを機にもっともっと社会のお役に立てるようにがんばります。

応援、ご指導、そしてご愛顧よろしくお願いします♪

2012年2月 3日 (金)

「アサンテ会」さんでの講演のお知らせです。

宣伝ばかりで申し訳ありません。

実は先日、講演と取材の依頼を同じ日に頂戴しました!

私も会社を継いで1年半になろうとしておりますが、

まだ実績も挙げていないのにありがたいお話です。

拙い経験ではございますが、会社の後継者になったことへの思いや、

歯ブラシ業界のこと、自社のことなどを中心にお話しさせていただきます。

アサンテ会員以外の方でも参加可能ということですので、ご興味のある方はどうぞいらしてください。参加費は無料です。

【開催概要】

日時:2012年3月22日 木曜日 11:00~12:00

場所:東京都中央区銀座4-6-1 銀座三和ビル6階 

三幸エステート株式会社様 会議室

http://www.websanko.com/about/branch/tokyo.html

03-3564-8011(大代表)

お申し込み先ご担当者:濱田様

参加費:無料

そして、取材は大手ビジネス系の月刊誌での対談です!

来週初めに取材です。

告知できるようになりましたら、またご報告させて頂きます。

2012年2月 2日 (木)

「合格歯ブラシ」発売!

皆様、お久しぶりのブログですみません。

ここの所、大雪のニュースをテレビで見かけますが、東京もすごく寒いですね。

私は先週初め、朝から珍しく調子が悪いと思っていましたら、
ちょっと熱が上がり会社を休んでしまいました。

結局、風邪でもなかったようで、熱だけ上がったという知恵熱状態でした。

さて、もうシーズンが終わった学生さんもいらっしゃるかと思いますが、
ファイン株式会社では「合格歯ブラシ」なるものを販売しております!

告知が遅くてスミマセン(^_^;)

http://www.fine-revolution.co.jp/news/info/entry-351.html

お口の中の衛生状態が悪くなると、免疫力が下がり体調不良の原因にもなります。

うがい同様、夕飯や夜食を食べたら、お口の中が汚れをしっかり取り除いてくださいね。

歯磨きは意外と重要なんですよ!

パッケージにはファインには珍しくダジャレ満載です、お楽しみに(笑)

Goukaku

そうそう、合格祈願と言えば・・・。

今日、うちの母と私の2つ上の姉がある東洋医学系の変わったお医者さんに行きました。

先生は何を勘違いしたか、母に向って姉のことを「娘さんの合格発表の時には~」などと言い始め、会計の時も「一緒で良いんですか!?」とびっくりしたそうです。
確かに姉は153cmと小さくて細いのですが、それにしたって年齢的には十分イってます(笑)
姉の子どもももう20才です。

最近、姉はすっぴんでアイメイクだけなので、余計に若く見えたのかもしれません。

お肉を止めて、玄米、野菜の食事、フコイダンを摂っているからなのか、
肌もきれいになり、髪の毛もすっごくしっとりしたそうです。

人間の体はもちろん食べ物で作られるので、きちんとした食べ物を摂ると
身体が変わるんだと改めてびっくりしました。

私は一人暮らしなので、なかなかお米が減らないこともあり、精米したお米を買うと、最後の方はあまりおいしくなくなってきてしまう気がします。

なので、玄米で買ってその都度精米して炊くようにしています。

玄米はしっかり噛まないと却って良くないとかも聞くので、敬遠しておりましたが、ここの所玄米のまま炊いて食べるようになりました。

でも白米の方が好きなので、無理せずに5分搗きとか、行ったり来たりしようかな、と思っています。

より以前の記事一覧

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ