デンタル

2013年5月29日 (水)

「歯科甲子園 D-1グランプリ」で審査員をさせて頂きました!

先週日曜日、東京商工会議所の会場で歯科甲子園が開催されました。
http://dental-1.jp/index.html

実はこの甲子園は第二回で、去年は残念ながら見に行くこともできませんでしたが、
今年はその関係者の方と最近お知り合いになったことから、審査員を務めさせていただくことができました。
Photo


この甲子園はまず、歯科医院さんがエントリーします。

エントリーした歯科医院さんを3か月間、一般人の覆面調査員が、普通の初診の患者さんのフリをして
問い合わせたり、予約を入れて、来院し、カウンセリングを受けて治療をしてもらいます。

その際の審査項目が多岐にわたっているため、医院では気が抜けないのです。

本当はどの患者さんでも分け隔てなく、緊張感を持って接するべきではありますが、
やはり自分の何気ないことが余計だったら、足りなかったら、と思うと、スタッフの皆さんは緊張の毎日だったと思います。

300点満点で、あるボーダーラインを越すと、今度は二次審査に進みます。

1次審査では覆面調査員に知らぬ間に調査をされましたが、
2次審査では、3分間のビデオで医院をアピールします。

私はこれは見られませんでしたが、医院さんによってはそのビデオをホームページに張っていますので、
探したら見つかるかもしれません。

院長先生が、3分間アピールする医院さん、スタッフがかわるがわる出てきてアピールする医院さんなどがあったようです。


そして、2次審査を通過した5医院がファイナル進出!

ファイナルでは、舞台に上がってのパフォーマンスを20分間。

ちょっとした寸劇あり、ビデオあり、スタッフや院長先生の治療に対する使命感溢れるアツいスピーチあり。

色んな先生がおられるなぁ、と今更ながらびっくりしました。


女性の職場なので、先生(男性)とのコミュニケーションがうまく行かず、先生が空回りしたり、
いきなり全員で休まりたり、一度はそういうご経験をなさっておられる方も多いようでした。

どの医院さんも、拝見していて思うのは、先生は歯科衛生士さん、
歯科助手さんなどのスタッフに支えられているということでした。


当たり前ではありますが、いかにスタッフが先生に共感し、この医院で働けていることに感謝しているかで、
先生はスタッフに愛されている感じが伝わってきます。


それにしても泣けたのが、金賞である「ミドリデンタルクリニック」の、子育て中のママさんスタッフの演説。

いかに子育て中の女性が仕事に就くのが大変か、そんな中快く雇ってくれた院長先生への感謝の思いを、
涙ながらに切々と訴えるものですから、もうもらい泣きがこちらも止まりません。

歯科医院選びは、実はとても難しい。


予防をしたいのか、むし歯なのか歯周病なのか、
どういう治療をしたいのか、安く上げたいのか、高くてもいいから早くちゃんと治したいのか。


今はカウンセリングが充実している歯科医院もとても多いです。


歯科医院はもう削るだけの時代は終わっています。


ぜひ、味方になってくれる歯科医院さんを見つけて、定期的に通ってくださいね!

2011年9月 1日 (木)

39期がスタート!

今日から40期に向けてのスタートなので、心機一転また張り切っていこうと思います。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

昨日、新規に私のブログに来てくださっている検索ワードを調べてみましたら、

なんと圧倒的に「Generations」を探してきた方たちなんですね(笑)

  ↓ この日記

http://fine.tea-nifty.com/blog/2011/08/generations-ade.html

まだ情報が少なくて私のところに来ちゃったのかしら?(^_^;)

大した情報を書いていなくてごめんなさい。

以前は、「ダウンコート 洗濯」っていう検索ワードが多かったんですが、夏というのもあるのか、「Generations」の勝利(?)でした。

もう少し歯ブラシのことで来てくれないとダメかも、とも思いますが、このブログではほとんど歯ブラシのことは書いていませんので、無理ですねcoldsweats01

ということで、久しぶりにデンタル系のネタを。

歯ブラシメーカーと言っても、うちは歯医者とのパイプはそんなに太くないんですが、業界的に歯医者さんとお取引している会社さんとお話しすることが結構あります。

皆さんは、歯医者さんをどんな風に選んでいますか?

私は、以前業者仲間から紹介してもらった所に通っていたんですが、ちょっと遠かったのに診療時間が早く終わる日が多くて、なかなか予約が取れなかったので、やむなく変えました。

その歯医者さんは東洋医学も取り入れていて、治療中はずっと低周波でツボを刺激しているので、リラックスして受けられたり、肩もみまでしてくれて、ドリルの後の全身の緊張をほぐしてくれたり。

あと、金属を入れている方も多いと思うんですが、金属同士って水分を介して電気が発生しますよね?あれが口内でも起きていて、1対の金属でどのくらい電気が発生しているかを計ってくれるサービス(有料ですがレポート付)もありました。

金属の数値によっては、赤ワインなどの渋みを人より強く感じたりすることもあるそうですよ。また、金属アレルギーの方は詰め物をしたら熱が出たり、と体質によっては結構深刻なことになります。

弊社の近所にある歯医者さんでは、型を取ってくれて、その型をみながら、磨きにくい箇所を説明してくれるんですよ!

こういうサービスって、実際に治療を受けないと分からないことが多いですよね。

歯科医院さんは新規オープンや改装オープンの時に内覧会を行います。

こういうタイミングを利用して、たくさんの歯科医院さんの情報を集めておくとイイですね!

そして、歯科医院さんもぜひたくさんの「こだわり」を発信して頂きたいと思います。

これからはむし歯治療ではなく、予防歯科が主流です。

「歯医者さんは苦手」という方も多いと思いますが、予防はとても大切です。

歯は削ったら元には戻りませんので、短いスパンで手入れに通ってくださいね!

久しぶりに一度に手入れをしようとすると痛い思いをしますが、頻繁に通っていればどうということはないんですよ。

実は、皆さんに言うとすっごくびっくりされるんですが、私、治療中に寝るんです(笑)

低周波を使ってくれる歯科医院さんを紹介してもらった時に、「ある有名女優さんが通ってるんだけど、彼女は治療中に寝ちゃうくらいだよ」っていう言葉を聞いて「歯医者で寝ても良いのか!」という変なスイッチが入ってしまい、疲れている時はグースカ寝てしまって、しょちゅう「清水さん、寝ないで!もう少し頑張って!口を開けて!」と必死の声で起こされるのでした(笑)。

最近は寝ないで頑張っておりますが、どうしてあの時はあんなに眠かったのかなぁ。

「開口器使っていいので、寝かせてください」ってお願いして、実際にやったこともあるんですが、自分の唾液でおぼれそうになって断念。

そんなマイペースな私ですが、今後は歯ブラシを作る・売る、だけではなくて口腔ケアへの関心をもっと持っていただくお手伝いをしていければ、と思います。

P.S.良い子の皆さんは、絶対に治療中に寝てはいけません!

大変危険が伴いますから!!!

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ